さびねこ姉妹、(うちに来てから)初めての動物病院


 
誤字は気にしないでください。
猫がとても悪いです。
 
かようにおおむね元気なんですが、オルタちゃんにくしゃみ・目脂が出ているのと、ちょっと食欲が弱いのが心配で、ついでにリリィも抱えて初動物病院に。
我々が連れていったのが初というだけで、保護主さんがすでに診察と白血病・エイズ検査とワクチンをすませてくれていたから、実質4回目くらいだと思うんですが。
 
ぺもたの時からずっとお世話になっている動物病院で、受け付けのお姉さんに「新しい子ですか?」ってニヤッと笑って聞かれました。新しい子です。二匹いますと言ったらさらにニヤッとされた。
目が赤くなっていたので予想していたとおり結膜炎でした。
目薬二種と、風邪だねということで錠剤と粉薬も出た。
またか! 早速ねこに嫌われる予感がしましたが、投薬してみたらそれほど嫌じゃないみたいでほっとしました。
ケイティは目薬が嫌で嫌で、あんなに抱っこ好きだったのに、最後の方あんまり抱かせてくれなくなっちゃったからな…。
手早く投薬できるよう頑張ります。
リリィは大丈夫だったんですが、念のため、目脂が出たら同じ目薬をさすように指示される。出ないといいな~。
 
動物病院で新しい診察券を作ってもらって、ちょっと感慨深い。
それぞれの名前を記したカルテも作ってもらいました。
Twitterでケイティ・オルタとケイティ・リリィなどと言っていたらそのままオルタとリリィで定着しちゃったので、まあネット上ではこのままでええかなと思うんですが、問診票にはもちろん真名を書きました。
保護主さんは(多分情が移らないように)名前をつけずにいたそうなんですが、家に遊びにくる友達がクララとハイジと呼んでいたらしい。足を骨折して元気なかった子がクララだそうです。ハ、ハイセンス。
先に聞いてたらクララとハイジにしたかもしれない。
リリィが骨折していたことも先生に伝えたんですが、もはや自由に走り回り飛び跳ねている状態なので、折れていたという前肢に触れてみただけで特に何も言われなかった。
 
保護主さんから「医者の見立てでは大体生後四ヵ月」と聞いてたんですが、今日診てもらった先生からは「まだ三ヵ月くらいだよ」とのこと。大きさ的にそのくらいかなと思っていたので、2月生まれということにしました。
保護主さんに拾われたのが4月27日だそうなので、2月27日を誕生日と制定する。
 
体重を計ってもらったら、オルタが1.65キロ、リリィが1.45キロ。
来た時はそれぞれ1.34キロと1.18キロだったので、ちゃくちゃくと成長している。
オルタはすでにサンディを超えた。サンディは1.4キロだったから…。
ちなみにオルタちゃんが暫定妹で、リリィが暫定姉です。リリィの方が滅茶苦茶オルタちゃんの面倒を見ている。
 
風邪とは言われましたが、オルタもリリィも元気に遊んでます。
やっぱりごはんをサイエンスダイエットに戻したら食いつきがよい。
オルタに目薬をさしたり薬を飲ませたりしてると、リリィが心配そうに近づいて、終わったあと一生懸命毛繕いしてあげているのがかわいい。尊いとはこういうことか。
 
そしてトイレが臭い。
臭いを察知しては即掃除です。
 
一応ケイティの頃から猫砂はこれで、すごく臭いを取ってくれるんですが、二匹だと追いつかないらしい。
猫トイレのある脱衣所が、わたしの部屋と廊下を挟んだ向かい側にあるので、ダイレクトに臭いが来る。
なぜかトイレも二匹一緒に入るんだよなこの子ら…様子を見てふたつ用意しようかと話してたんですが、必要ないみたいです。
そしていっぺんに臭い。どれだけ仲がいいのだ君たち。
 
トイレに流せない猫砂なので、取ったものは全部これに入れる。
【ネコ】うんちが臭わない袋 | 驚異の防臭袋BOS(ボス)公式サイト
名前が潔い。
これもケイティの頃から使ってますが、ストレートなネーミングのとおり入れたら臭わないのでありがたい。たしかにうんちが臭わない袋です。
最初犬パッケージでみつけたのでまとめ買いしといたんですが、最近猫パッケージも出ていることに気づいた。中身は一緒らしいけど次は猫で買おう。
 
そして最後にこれを使う。
pethealth.jp
store.shopping.yahoo.co.jp
カンファペットも大変重宝しております。本当にすごく臭いが取れる。あとパッケージがかわいい。
定期購買してたんですが(式部さんが)、ケイティは全然臭いがしなくてほとんど使わないため余ってしまい、友達にあげてもまだ追いつかないので、結局定期は止めてしまった…が、そのうち再開しないといけない気がしてきた。
今んとこメーカーの公式サイトからか、メーカーが出店しているYahoo!ショッピングのみで購入可能っぽい。
 
ところで今日は初めて猫の爪を切った記念日です。
これまで怖くて式部さん任せだったのだ…。