ねこをさがしに

ねこがいない生活、というものを送ることに対して、我々の精神が耐えられず、なかなか…なかなかにヤベェ状態になっているので、早急に次のねこを迎えなければならないという危機感に見舞われている。
どのくらいヤベェかといえば、まあ物音がするとケイティかと思って呼びかけてしまったり、アッ違ったって思った瞬間に蛇口がぶっ壊れたみたいに涙が出てきたり、ちょっと出掛けた時に「早く帰らないとケイティが待っ……ってないんだった、そういえば……」って力が抜けてお腹が重くなって座り込みたくなるのはまあ普通に仕方ないかなと思うんですが、ケイティそっくりサイズのオオタチのぬいぐるみを二人して交代で抱いては「ケイティ…」って呼びかけながら撫でたり、揺さぶったりしているうちに、「どうしよう、これがやばい行動なのかどうかわからない…」って呟くようになっている感じなのが若干…。
 
お互い仕事が詰まっていて、いますぐにというわけにはいかないんですが(あとやっぱり気持ち的にいろいろ…)、出会ってしまったら仕方ないよねということで、何となく思いついたらお世話になった動物病院まで散歩して、里親募集の張り紙など出ていないか探してしまう。
病院の人は仔猫「最近あんまり出ないんですよね」って言ってたけど。
運命を信じているしタイミングとかあるので、そこまで切羽詰まって探すつもりはないんですが、運命が来るといいなあ。
またさび猫と暮らしたい。

散歩の途中に咲いてた花。名前がわからん。

 
(念のため、保健所や里親会などについても存じております)