手帳のはなしのつづき

ほぼ日手帳を使ってると、なんとなく、「その日あったことはその日の日付に」書かなきゃいけない気がして、白紙のページはいっぱいあるのに「今日のできごとはきっと1ページでは書ききれまい…」という理由で書かなくなることが結構あって、よく考えると変な話だな。

自分の意識の中では日記っていうと「その日あったできごと(すでに起きたできごと)」を書くもので、アイディアメモ的なものとか、単純なtodoとかを書くのにはほぼ日手帳はあんまり向いてないっぽい。

この本を買おうとか、サイトの改装次はこうしようとか、次に出す同人誌の装丁はああしようとか、書いてみた時期はあるんだけど、確実に読み返さない。
というかみつからない。
ので、たとえば同人誌の計画などはそれ用のノートを作ったりもしていました。
あと旅日記的なものとか。
大体ロルバーンを使うんだけど、これまた使い切った試しがない。

デルフォニックス ロルバーンポケット付メモA5 ダークブルー

デルフォニックス ロルバーンポケット付メモA5 ダークブルー

貧乏臭い話だけど、ロルバーンはわたしの中では高級品なので、あんまりアホっぽいこと書きたくなくて、書くことを選んでしまって、結局書けなくなるという馬鹿みたいな状態によくなる。
それで一番使うのはPPC用紙か無印良品のらくがき帳になってしまって、ばらばらになった挙句見失ってしまい、いざ「あの時のメモがほしい」と思った時に役に立たないことが多い。

カテゴリごとに(観劇・サイト・同人・旅行とか)に分けたいんだけど、ノートが使い切れなくて半端なことになっている現実を目の当たりにしたくない挙句放置するということを繰り返しているんだから、たぶん一元化した方がいいのだろうとやっと最近決心した。
ほぼ日手帳でやりはじめたみたいに、ペンの色を分けることを覚えたおかげでした。ノートじゃなくてペンを分ければいいのだと。
それ用のノートを新たに買おうかなとか、ロルバーンの使ってない部分からちゃんと使おうかなとか思ってたんですが、たまたま「ジブン手帳」の残骸が目に入った。

www.kokuyo-st.co.jp

一昨年ちょっと気になってファーストキットを買ってたんですが、案の定使いこなせず。

1ページも書いてなくてびっくりした。
手帳の使い方がわからない人向け、ということで買ってみて、いろいろ「ここはこう書きなさい」「こういう項目を書きなさい」というのが用意されているのはすごくいいなと思ってたんだけど、きっちり用意されすぎていてやっぱり「書かねばならぬプレッシャー」に」負けて触れることもできなくなっていた。アホだな本当に。
でも特にLIFEのプレッシャーたるやすさまじいですよ、無職の人間が持つ手帳じゃなかった…知ってた…。
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/contents.html#life

  • 人生でやりたい100のリスト
  • 人生設計表
  • 資産欄

書き出しているだけでおそろしくて涙が出て震えが止まらなくなる。
必要な人にはすごく役立つ手帳だなと思うんだけど、わたしはなぜこれを自分が使えると思ったのか…?

そんな感じで手帳本体とLIFEは封印された。
引っ越しの荷ほどきでみつけて、真っ白なままの手帳に自分のだらしなさや自分の人生について考えて呻き声が止まらなかったんだけど、ただ、ideaがすごくよくて。

コクヨ ジブン手帳 IDEA 2冊パック ニ-JCA2

コクヨ ジブン手帳 IDEA 2冊パック ニ-JCA2

わたしはB6変形のminiを買っていたんですが、そこだけは自分を褒めてやりたい。
大きさがすごく手頃でした。
ほぼ日手帳にもオリジナル(文庫サイズ)と同じ大きさの切り取れるノートがあって、それをちょいちょいメモとして使ってたんですが、ideaはそれよりもう少したてに長い。
で、ほぼ日手帳で一番気に入っているところの「トモエリバーを使っている」のが同じで、すごく書きやすい。

ただ、不思議とほぼ日手帳ではPILOTのjuice upが書きやすいんですが、ideaはハイテックのが書きやすいんですよね。何か違うのかな?

ほぼ日手帳についてくるジェットストリームをずっと使ってたんだけど(ついてくるのは3色+シャープペンだったんだけど、手帳はともかくプロット作る時とかに色が必要になるので、4色+シャープペンに差し替えて使ってた。そして毎年付属のペンが余ってしまう…)カテゴリの色分けを始めたので、juice upを一本ずつ買い足した。

idea用には最初ハイテックマイカを使ってたんだけど、近所の文具屋から消え失せてしまったのでしかたなくコレトにした…。

ハイテックCコレト 5色用 本体軸【透明ブルー】 LHKC25CTL

ハイテックCコレト 5色用 本体軸【透明ブルー】 LHKC25CTL

手帳の色分け指南では、赤・青・緑・オレンジ(+黒)にしましょう、とあったんだけど、赤・青がどうも野暮ったいというか事務的すぎて、楽しいことを書く用にはあんまり使いたくなかったので、ピンク・クリアブルー・アップルグリーン・オレンジにしてみた。しかしクリアブルーとアップルグリーンは薄すぎたので、ブルーとグリーンを買い直した。
juice upも、赤→ピンク・青→ライトグリーンにした。

で、手帳と同じような感じでカテゴリ分けして、どんな内容でも前後の脈絡なくメモするようにしたら、すんなり思ったまんまのことをあまり深く考えもせず書けるようになった…。
ほんとにしょうもない、「juice up書きづらいな」とか買い物の見積もりとか、つらつらとまとまりないメモばっかり。
ideaもあんまり安いノートではない気がするんですが、コンパクトでページの割に薄いので(トモエリバーだから)、深く考えず気兼ねなく使える。
なんとなく「やりたいこと」「すべきことの手順」を書くことが多くなってきました。

気をつけてるのが「ネガティブなことは書かない」と「反省しない」です。
人によっては失敗をメモして反省したうえで改善するのかもしれませんが、わたしは駄目なことを書き始めると本当に駄目で、引き摺られて同じ失敗をしてしまいそうなので、「○○を失敗してしまった…」のような後悔ではなく「次はこうしよう」という展望だけ書くようにしている。その方がうまく行く気がする。
本当人によっては、書いて吐き出すことですっきりするのかもしれないけど、わたしは文字で書いて形にしてしまうと縛られるというか呪われるというかなので、書かないようにしました。過ぎたことは学んで忘れようが座右の銘です。いいこと言ってるふうだな。

方眼でトモエリバーを使ってるノートは他にもいくつかあったんだけど、サイズというか形がいちばん好きなのがideaだったので、ideaだけを買い足したりしてみました。
それにしてもロルバーンが大小余っているので何かには使いたいなあ。
f:id:eleki-com:20170813141804j:plain
f:id:eleki-com:20170813142154j:plain
これのほかに使いかけのが5冊くらいあるわ。