とり便おへんじ

お返事、ブログで書くって言ったりサイトで書くっていったりコロコロ変わってすみません、前も書いたけどずっと使ってたツールが公開中止になってしまったので試行錯誤してます。
そして今日は結局ブログでお返事することにしてみました、メッセージいただいてから反応が鈍くてすみません、フォームがうまく動いてなくて手許に届いてなかったりしたんですが、Web上に保存しとくプラグインを入れておいたのでちゃんと残っていた…ありがとうflamingo。

そういうわけで返信可能な方へのお返事です。

いきなりのお便りご無礼しましたらごめんなさい。渡海先生の御本は7割は拝読していると思います。「夢は廃墟」以来現在進行形ファンです。これからも陰ながら応援しております。どうぞお体大事にご自愛なさってますますのご活躍楽しみにしております。
(りさをさん)

りさをさんお便りありがとうございます! そして7割もお読みいただいてありがとうございます、廃墟を出版していただいたのが2007年なのでちょうど10年…長らくのご愛顧本当にありがとうございます。あれを書いてから、じゅ、10年も経ったのか…。
今後ともガリガリがんばります。

ソフィアが好きで何度も読み返して、読む時間が取れない時も本が焼けてしまわないように本を開くなど保存には気を付けていましたが、ここ最近本当にどうにもならないこ事があってできなくて、この間はっと気づいて久しぶりに開いたら全然焼けてなくて一安心って報告しに来たら同じくソフィア待ちさんがいらっしゃった様で嬉しい!待ち遠しいけど先生も無理なさらずお体お大事になさって下さいね。
(深紅さん)

ソフィアずっと待ってくださってありがとうございます。
「乙女は、降り立つ」を書いてからも10年経ってしまいました、10年か〜〜!
なかなか続きをお見せできず忸怩たるものがありますが、お待ちいたいだいている方がいらっしゃるんだということを大事に胸にしまって、できるだけ早く完結までお届けできるように頑張ります。
このサイトを中心に、ウェブ小説を公開できるサービスを使って、少しずつ公開できればいいなといろいろ思案中です。
何か進展がありましたらお知らせしますね。

いつも楽しく読まさせて頂いています。先日、PoetaをKindleで購入させて頂いて、とてもはまっています。糸賀君がじわじわと浸透してきます笑。番外編があるとのことで探したのですが、残念ながら手に入りませんでした。また、機会があったらKindleで発売していただきたいです。久志君が高校卒業した数年後とかや、出会い編とかも読んでみたいなあと思うぐらい好きな作品です。素敵な作品をありがとうございました
(ふらまるさん)

poetaご購入、そしてご感想ありがとうございます、糸賀は今まで書いた攻めの中でも人間性があれな人ランキングの上位に食い込みっぱなしです。
電子書籍はなかなかご感想をいただく機会がないので、ほんとに嬉しいです。
番外編の方、すみません作業遅れてまして、やるやる言うてまだ公開できていないので、準備を急ぎたいと思います。
出会い編も書く予定があるので、書き上がりましたらそちらも電子版にする予定です。
できましたら告知しますので、タイミング合いましたらよろしくお願いいたします。

先生の作品大好きです。絶版本も中古から手に入れ大事にしております!
webで昔の作品になりますが、「雨が止んだらお別れね」も、あの独特の雰囲気が大好きで未だ読み返しています。
続きはもう書かれないのでしょうか?
何年先でも良いので、いつか最後まで書いていただけましたら幸いです。
…って、色々と大変な先生に、勝手な希望を言い逃げしてすみません!
これからも素敵な作品楽しみに待っております!
(無記名さん)

古いものもお読みくださってありがとうございます。「雨が止んだらお別れね」すっかり滞ってしまってますが、続きは最後まで(最後…)書く予定なので、よろしければ気長にお待ちいただければ幸いです。
続きご希望いただいてすごく嬉しいです、好き勝手書き散らかしている作品なので、自分が気が向いた時に書けばいいかと思ってますが、読んでくださって待ってくださってる方がいらっしゃると思うとモチベーションがさらにあがりますので…!
今後ともがんばります。

「レムレースの花嫁」「かわいくしててね」の発売楽しみにしてます!
ところで、その前に小説ディアプラスに掲載された、「恋はまさかでやってくる」の文庫化はまだでしょうか?
なかなか文庫にならないなーと思ってるので、こちらの文庫化も待ってます!!
(無記名さん)

新刊予定のチェックありがとうございます!
雑誌掲載作の方もお読みくださってありがとうございます、「恋はまさかでやってくる」は、変な話を書いてしまった気がするしあれはあれで終わってるので続きを書くこともないだろう…と思って文庫化は見合わせていたんですが、雑誌のご感想をいただいたら割と続きを楽しみにしてくださる方がいらっしゃって、わたしも何か続き書いてもいいんじゃないかしらという気になってきたので、うまいこと書けそうなら何か動きがあるかなと思います。


その他、返信不要の方のメッセージも大変ありがたく拝見しております。
「続き書くって言ってるのにどうなってんの」的なメッセージが届きまして申し訳なくもありがたい感じです。いろいろやりたいと言っておきながら作業が遅くてお恥ずかしい…そろそろ本腰入れていろんなことをやろうと思ってます。本気で。本気で。
サイトでWeb小説ページをちゃんと復活させようと思っていて、見やすい形について模索中です。
ソフィアについては前も書きましたが出版社さんから権利を引き上げているので、1巻全部くらいをサイトで公開して、続きも書いてあるところと書けたところからどんどん更新しつつ、紙と電子書籍で販売する形にしたい。
と思って幾星霜…すみません…。
失恋竜と侯爵令嬢も、電子書籍にしてkindleなどで販売できればいいなと思っています。思っているだけではなく実行したい。
手許にあるデータが校正前のもので、さすがに数が膨大なので修正にちょっと時間がかかりそうですが、隙をみつけてコツコツやりたいです。
いい加減実行に移さないとという気分です、メッセージ本当にありがとうございます。
ソフィアが1作目発表から10年経ってしまってるのだというところでちょっと頭を抱えた…。

雑誌掲載作の文庫化については、割と「これは雑誌分だけでいいだろう」というか「続きは書けぬ…」というものもあって、いくつか保留にしてしまっているんですが、時が流れると自分で「あれ、書けるかも」というタイミングがあるので、忘れた頃に文庫になったりすることもあるかもしれません。
書き下ろし分がどうしても書けないので別の話を頭から一冊分書かせてください、みたいなのも実はあったりします。
わたしは「書けぬ…」と思っていても、編集さんは「ずっと待ってます」って言ってくださるものもあってありがたし。
作品によってはそもそも文庫化しない前提で書いているものもあるので、よろしければ雑誌分もチェックしていただけると嬉しいです。
 
あとうちのねこが今日もかわいいのでねこの写真貼っておきますね。
f:id:eleki-com:20170730185029j:plain
本棚から落ちて以来ベッドにいる率が高くて嬉しいんですが、ものすごい毛まみれで大変です。ああ大変です。

広告を非表示にする