渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

考えてみれば実家を出てから6度目の引っ越しである

物心ついてからは10回目の引っ越しです。覚えてないのだともっとあるらしい。
世の中には一度も転居をせずに暮らす人もいるらしいというのに何だろうこのジプシーぶりは。

もともと引っ越しが多いし転校経験もありで、なんとなく「ここが故郷」というイメージが実はない。
わたしは埼玉好きを自称していますが、地元だからという理由ではないのでした。中途半端な都会と中途半端な田舎の融合体が好きなのだ。そして実際知っているそのような土地が埼玉しかない。だから「埼玉のどこが好きですか?」と聞かれると本当はちょっと返事に困る。どのような田舎が好きですか?
と問われて「埼玉ですね」と答えたい。
というような感じなのでここが自分の居場所であるという感覚が薄くて(なんかジュヴナイル小説の主人公みたいな文章ですね)、自分の家にいても常にしっくりこなかったんです。

が、今住んでるマンションはね、すごく巣作り頑張ったせいもあって、居心地がよくてよくて、引っ越し直後のブログでも「おうち萌え!」とか書いたのを思い出して切なくなっている。
また新たな巣作りを頑張ろう。
インテリアのセンスというものがなくて毎度家具の配置に困る。画像検索して人様のお部屋を参考にしたりしてます。
仕事する部屋は秘密基地みたいにしたい。今はLDKにどーんとL字デスクを置いて(普通のご家庭ならダイニングテーブルがある場所)作業してるんですが、そうすると目の前にテレビとソファがあってよく考えたらこれはよくなかった。狭いところに閉じこもって作業する方が向いているのに、開放的すぎた。

なるほどこの部屋の居心地のよさはこれか…住むには適しているが仕事には適していない。
ということに今気づいた。
引っ越しは実作業の面で苦手なこととか面倒なことも多いけど、巣作りは楽しいので、来月までにやにやしながら計画作りに励みます。

新しい仕事部屋はエアコンが置けない(室外機が置けない)場所にあるのでウインドエアコンを進められたんですが、今冷暖一体型のウインドファンって一個しか選択肢がないんだな!
昔より機能がよくなっているというし、オイルヒーターなどを使うよりも冬楽なのかなー。
家電見るのも大好きなんですが、なるべく今使っているものをそのまま使おうと思っているので、うっかり余計なもの買わないように気をつけます。