読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況報告の歌

買った本とか日常のどうでもいい感じの記録。

一周回って元に戻る

日常あれこれ

紙copiの更新が滞って久しく、自分の環境ではまともに動かなくなってしまったので、その間にEvernoteに完全移行したんですが、二年くらい前に新しいバージョンが出たと知り、しかしまた購入し直さなきゃいけないと知ってちょっと萎えて様子見していた。
有料で買ったのにサポート放置されてるような状態が続いてて、新バージョン出たらアップデート版の販売とかもなくまるごと金取るの…みたいなしんなりした気分で*1
開発費のこととか考えると払って当然だともちろん思うんですが、EvernoteDropboxが便利すぎて、新しい紙copiを使うメリットがその時は見出せなくてですね。
 
まあ二年も経ってそういう気分も忘れかけたし、Evernoteの立ち上がりの遅さにちょっともどかしさを覚えている昨今だったので、何となく紙copi3を買ってみました。

www.kamilabo.jp

いやあ懐かしい懐かしい…2年前に、買いはしなかったけど試用版を使ってみる時にフォルダ全部移してたので、昔から書きためてたネタとかがそこに全部入ってた。
iPod touchを持ち歩くようになる5,6年前くらいまでは紙copiをデジタルのネタ帳にしていたので、ちょうど、ソフィアの宝石の最後までのプロットとか、その時同人誌でやろうとしてたオリジナル長編ファンタジーのネタとかがぽこぽこ目に入って、ウワ〜すごいモチベーションがあがる…。
Evernoteでもまあ同じような感じに表示できるんですが、何しろ紙copiを使ってた期間が長いので、UIを見ると創作スイッチが入る(気がする)。
 
しばらくscrivenerを愛用してるんですが、これもちょっと重いのと、ところどころ表示が思い通りにいかないのと、たまにデータが消える謎現象があるので、また紙copiに戻ろうかな〜という感じです。
小箱を使えばアウトライン表示のようにできるし。
前のバージョンでもDropboxにデータ保存して他のPCと同期取ってたんだけど、あの頃ってもうちょっとDropboxの動作も遅かった気がする。いちいち更新の通知が来るのも消せなかったような。今は諸々不便なところが改善されているので、まるごとDropboxに放り込んで使ってみてます。もうちょっと使ってみないとわからんけど今のところ快適です。
 
あとは行間をもうちょっと広くできればほぼ言うことないんですが、テキストだと難しいのかな。
scrivenerはそこができるのでありがたいんですが。

しかしバージョン3リリースした2014年でまた更新止まってる感じなので、使い続けられるかちょっと不安。開発続けてくれるなら金を払うのは吝かではないのだ…。
Evernoteもscrivenerも、あとArtOfWordsとかもそれぞれにいいところがあるので、うまい具合に使い分けられたらなと思います。
しかし何にせよ清書の時は一太郎使わないとどうにもならんので、一太郎には毎年お布施を続けます。親子二代で一太郎Ver.3の頃から使ってるよ。

*1:アップグレード版の価格設定もあったんですが、昔から使ってる人は対象ではなかったのです