読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況報告の歌

買った本とか日常のどうでもいい感じの記録。

それでも漫画を読まねば死ぬ

買ったまんが備忘録

春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス)

春の呪い: 1 (ZERO-SUMコミックス)

最高でした。
 
ここ数年ほぼ一個の作品ばかりを追うことだけでキャパシティいっぱいいっぱいだったんですが、そちらが原作アニメ含めものすごい大団円を迎えてだいぶん(私の気持ち的に)落ち着いたので、ぼちぼち新しいまんがにも手を出しつつあります。おもしろそうなまんがの情報随時募集中です。
近所の書店の漫画コーナーは担当者が変わったらしく、前はあまり話題にはなってないけど読んだら高確率でおもしろい「店員おすすめ」があちこちでされてたんですけど、今は大手出版社の新刊と映画原作のコミックスを平積みにするしか脳のない、「ああ漫画に全然興味ないんだろうなあ」って人が担当の駄目な感じの書店になってしまったので、全然通ってません。通っても情報も得られそうになく…元の担当に戻してくれないか…。
マニュアルでもあるのかしょっちゅう本の置き場を変えるのにも辟易しました。欲しい本の場所を訊ねても店員が全然把握してないので自力で探すしかないし。前は売り場担当の人が大体何を問い合わせもすぐに出してくれたんだけど、今は出版社の場所を調べるところから始めて一冊一冊背表紙を指差し確認して「ここになければないですねえ」とか言うので、問い合わせもしなくなった。そこにないのを自分で確認したから問い合わせたのよ。ストックを確認することすら頼まないとやってくれないので面倒臭くて(系列書店全体をデータ検索できるはずだし、前の人はやってくれていたのだが)、足が遠のく一方です。
リアル書店さんも生き残りに必死なんだろうけど近所のお店は迷走してる感が否めず、結局客を減らしてんじゃないかな〜と思うんですがどうなんだろな。
電子書籍はすばらしいという話でした。
売り手側から見るとまだいろいろあるようなので、書き手側としてあんまり声を大きくして言うのは若干気が引けるんですが。売り場レベルで改善できることはしてもらった方がみんながハッピーなのではあるまいか…おまけとか限定版煽りとかそういうのばっかり頑張るんじゃなくて。
 
本屋さんではないんですが、同じ系列の文具コーナーもしょっちゅうしょっちゅう、行くたびに商品の配置が変わっていて、いつも使っているペンだのノートだのを毎回見失って探すのに苦労するんですが、日用品の売り場を頻繁に入れ替える意味はあるのだろうか…? 定番商品くらいは変えずにいてほしいんですが、あの系列全体が今変なことになってんのかな。
結局ネットでまとめ買いすることになってしまう。なるべくなら地元のお店でいろいろ買いたいと思ってはいるんだけどめんどくさいわ。