読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況報告の歌

買った本とか日常のどうでもいい感じの記録。

WordPressがクソ重い

弄ろうとするとエラー頻発するので更新するのもめんどくさい。ので日記をこっちに書くものとする。
たまに自分のサイトにアクセスすると文字化けしたソースがバーッと出てくる時あるんですけどあれみなさんもあんなふうに見えてるんですかね、困りましたね!
何でや…。
 
サイトといえば、たまにどこからもリンクしていない(はず)のとり便からメッセージを頂いたり、メールで「とり便なくなっちゃったんですか?」とお問い合わせを頂くことがあるんですが、とても正直なことを言えばメールフォームを置いていてもろくに稼働せず、数ヵ月に一回くらい「あっ、もしかしたらエラーで届かないだけかも!?」と思って自分で「テスト」っていうメッセージを送ってみる、という虚しい行為を繰り返すことが辛くてですね!
受信ボックスに届いた「テスト」のメールを削除する時が一番やるせない気分です。
これはもういっそ「届かないのはメッセージを送ってくれる人がいないからではない、メールフォームが存在しないからである」という自己欺瞞のために撤去したのでした。
 
あとTwitterもあるからメールフォームとかあんま使わないかな? って思ったのもあるんだけど、Twitterでも滅多にリプをいただかないので、ツールがどうこうじゃなくて単に私が話し掛け辛い雰囲気を醸し出してるのかな!? と思わなくもないです。
今唐突に思い出したけど、中高生の時に友達同士で手紙のやり取りというのが流行りましてですね、携帯メールなどなかった時代です。
その時も手紙など一切もらえなくて、仲いい子からもまったく回ってこないので、ああ私嫌われてんだなと思ってたんですが、ある日思いついて多分一番仲よかった子に自分から手紙書いてみたんですよ。どうってことない内容だったと思うんですけど。
そしたら手紙渡した瞬間号泣されました。
おいおい泣くほど嫌なのかごめんよ、ってうろたえていたら「渡海から手紙もらえるなんて思わなくって」ってどうやらうれし涙のようであった。
話を聞いてみたら、どうも私は友達とキャッキャ手紙のやり取りをするタイプに見えなかったらしい。手紙出したら鼻で嗤いそうな人間性と思われていたのだろうか。「一人でも平気そうだから」って言われたけど誤解ですよ、こ、こんなにも人恋しいさみしんボーイなのに…。
手紙くれてありがとう! っていうハートマークいっぱいの返事もらってきゅんとしました。ああこんな子にならいくらでも手紙書きたくなるよねって思ったわ。
 
たまにいただくメールの九割くらい「こっそり応援してます」「ひっそり好きです」みたいなことが書いてあるのは何でかね! 堂々と応援してくれていいですよ。
あんまり大っぴらに「渡海奈穂って人の小説が好き」みたいなことを言い辛い作風なんでしょうか。私の人間性の問題でしょうか。それとも私と同じように顔に出ないタイプの(自分ではすげぇ出してると思ってるんだけどな!?)好意が内側に籠もるタイプの人に好いてもらえているのか、割とずっと真面目に悩んでいる。であれば思いを伝えやすく何か暗黙のサインというか符牒のようなものを用意したらどうだろう「マガツに堕ちろ」=「新刊読みました!」みたいな。
というところまで真面目に考えてどうも私は今とても疲れているんじゃないかという結論に達した。
天気のせいですかね。