『たまには恋でも』発売のおしらせ

たまには恋でも (新書館ディアプラス文庫)

たまには恋でも (新書館ディアプラス文庫)

その気持ちは萌え? それとも恋?
自分の見た目や言動が萌えツボなのだと、彼は言うけれど……?
爽やかイケメンオタク×ブアイソ地味眼鏡のふわゆるラブ♥

地味で眼鏡で無愛想な岡崎は、爽やかで男前の先輩社員・椋本に気に入られ迷惑していた。明らかに人種が違うから放っておいてほしいのに、椋本は自分と話していると微妙に嬉しそう。原因はまったく謎だった。ある日仕方なしに一緒に食事をしてみたところ、椋本とは漫画やラノベの話が合うことがわかる。それどころか、実は椋本はけっこうなオタクで、岡崎の言動や見た目が萌えツボだったらしく!? ふわゆるラブ♥

上が帯、下があらすじ。設定がどうこうというのは置いといてもいつも以上に読む人を選ぶお話になってしまった気がして怯えておりますが、せめて一部の方にだけでも楽しんでいただけますとさいわいです。直接搬入と同じ舞台ですが(舞台…)方向性は全然違います。ふわゆるラブ♥ です。何かこのあおりが嬉しくて何度もたしかめてしまうふわゆるラブ♥
佐倉ハイジさんのイラストがふわゆるかんわいー! です! いっぱい描いていただいたラフともども大事にします。実は扉のカラーも2種類作っていただいたんですが、より「大晦日の海辺っぽい(比喩的表現)」方を選ばせていただきました。
しかし岡崎のイラストがかわいいかわいいどのページめくってもかわいいわたしは何かもうとりわけ91Pのイラストが好きで好きでここだけ切り取って拡大して日がな一日眺めていたい。椋本もイメージどおりで何ていうかこう…絶妙な…読んで眺めていただければわかる(方にはわかる)と思うのですが! すばらしいイケメン(笑)! 深埜木も描いていただけて嬉しかった一番の苦労人。
表紙のデザインもすごいかわいくて嬉しい、どうもありがとうございます。
ほんとに、読んでくださった方にもちょっとだけでも楽しんでいただけると嬉しいのですが…。本屋さんなどでみかけましたら、どうぞよろしくお願いします。
 
深埜木兄のペンネームは「滝川」です。増田は匿名ではてダ書いてるイメージです。以上誰にも必要ない情報でした。

広告を非表示にする