PERSONA MUSIC LIVE 2009 -Velvetroom in Wel City Tokyo-

セトリはmixiのP4コミュより転載、覚えてる人すごいなあ!
 

【artist】

  op ベルベットルーム〔ライブ開演ご案内〕

  1. Heartfull Cry
  2. P3 FES
  3. Dream Butterfly
  4. Want To Be Close
  5. When The Moon's Reaching Out Stars
  6. Pursuing My True Self
  7. Your Affection
  8. Heartbeat,Heartbreak
  9. Signs Of Love
  10. Your Affection
    (7〜10メドレー)

    ※時価ネットたなか(物販CM)

  11. The Almighty
  12. Mass Destruction

    ※DJ WAKA & Lotus Juise(即興演目)

  13. Burn My Dread -Last Battle-
  14. Soul Phrase(P3P)
  15. A Way Of Life(P3P)
  16. Heaven
  17. Never More
  18. Found Me
  19. Voice

    【ENCORE】
  20. Living With Determination
  21. Burn My Dread(新アレンジ)
  22. Breakin' Through
  23. Wiping all out(P3P)
  24. Deep Breath Deep Breath(輪廻転生)
  25. Reach Out To The Truth
  26. キミの記憶

    ※ベルベットルーム

    【2 ENCORE】
  27. サトミタダシ薬局店のうた2009
  28. 全ての人の魂の戦い

  end ベルベットルーム〔終演ご案内〕

 
いやあもうとにかくゆみ姉さんのすごさに尽きるライブでした。もう圧巻! という感じだったよ。本当に大好きだゆみさん…生で聴けて至福。iPodで耳もと近く聴くのも好きだけど、やっぱライブで大音量で、っていうのが最高でした。あと進行を今回ゆみさんが主にやってくれたので安心して見てられました(笑)驚きの安定感。
平田さんも相変わらずちっさくてかわいかった! お天気メドレーはリアレンジでCD出してくれないかなあ。Your Affectionは生涯自分ベストいくつかに入り続ける名曲(今ゲームで一位)、heavenは毎度イベント周辺を思い出してじわじわくる…。
そしてわたしの節穴すぎる耳はP3PのOPが喜多さんだってライブの日まで気づかなかった、いやサイトを見るのが怖くてろくろく聞きにいってないせいなんですが。嬉しいなあ。そんでやっぱbreakin'throughはめちゃくちゃ盛り上がる。あの歌の時の喜多さんのパフォーマンスが大好きです。クルクルしゃきしゃきしててかっこかわいい。
Lotusさんは即興すごかったな〜。ぺるそな!ぺるそな!いってるのが嬉しい。
藤田さんは初めてだったんですが、声も歌い方もすごい好きなので楽しみです。うん、楽し…み…。
 
P3Pの発表があった後で、いろいろ複雑な気分で行ったんですが(ライブ無理かもと思ってた、気分的に)、やっぱり行ってみると楽しくてな。
そしてしょっぱなから映し出される3主に号泣…ていうか嗚咽っていうか、ああもうほんと自分がキモいーキモいーと思いながらやっぱ駄目だあの子の姿を見るとブワーって来るものが抑えられませんでした。どんな姿でも「ああ…」って思って泣ける。ライブの大音量をいいことに嗚咽しながら隣を見ると式部さんも同じ状況だった。ああキモいわたしたちキモすぎそのうちキモい罪で逮捕されるんじゃないかと心配になる。
おかげでものすごく疲れました。
4の曲の時はすっごい気持ちが明るく軽くなって楽しいんだけどね。トリニティソウルの時も「あああああああわわわわわわ」ってなっていろいろ思い出して辛くなる。が楽しい。リメイク版のペルソナは、やっぱ異聞録の曲が強烈過ぎていまいち馴染みきれないままだったんですが、ゲーム離れて曲聴いたらいまさら「あれっ、すっごくない!?」みたいなことに気づいて、ちょっとサントラとかで改めて聴かなきゃという気分になってきた。
で、P3Pの新曲もやっぱよくてなあ、目黒大明神は本当に神なんだなあ…。
P3の曲の時は、女子主人公とか天田君のお着替えとかOPとか流れて、あの場で聞きながらちょっと気持ちを整理して「ポータブルも何とか受け入れられるかも…」って気分になってきた。女の子主人公を自分の中でどう扱っていいのかわかんなかったんですが、ある瞬間スコンと「あっ、こういうことかも!」って腑に落ちて、まあ実際プレイしてみないとどういう位置づけ、どういうつもりでアトラスさんがあの子ではない子を新キャラではなく「主人公」に据えたのかっていう意図はわかんないんですが、「もしこういうことなら大丈夫」っていう落としどころを見つけた。
なので11月まで、もうちょっと落ち着いた気分で人生が送れそうでよかったです。よかったよかった。正直なところ、発表から一週間は仕事もできなかったし日常生活もまともに遅れませんでしたああキモイね! 逮捕だ!
戦闘で動いてるとことか見ると、女子主人公はすごく男らしく格好よくかわいくて、元々デザイン的雰囲気的にはすごく好みなので、「なぜこれをP5でやらなんだ…」とブルブルしてたんですが、曲と一緒にスクリーン見てるうち、ちょっと早く動かしたいなって気分になってきた。追加曲があるってことはシーンで演出だいぶ変わるんだろうなあとか。すっかり藤田さんの歌が女子主人公のイメージで、あんな感じかな、こんな感じかな、とあれこれ想像しながら聴いてました。
 
前回のライブよりもかなりバージョンアップした感じで、アンコールとか(笑)、時価ネットとか、演出がもっと楽しくなってて、頭からしっぽまであますとこなく満喫しました。それにしてもいくら前回のアンコールがあれとはいえ、今回の手拍子のタイミングは早すぎたんじゃないだろうか(笑)。前回はステージが終わったのか終わらんのかわからなくて、みんな戸惑っちゃってアンコールなかなかできなかったんですが、今回はステージ上の人たちが引っ込む前、本編終了直後からみんながアンコール始めてたよ。おもしろかったけど。
あとサトミタダシが嬉しかったです! 当然ながらリメイク版だったけど、喜多さんと平田さんのコスプレも可愛くて、合唱できたの楽しかった。会場中大合唱で、あーみんな遊んだんだなあ、異聞録大好きなんだなあ、って思ったらちょっと感動でした。
 
はぁはぁ本当楽しかったよ! 次回もある、っていう振りだったので、次回も絶対行きたいと思います。
楽しかったよー!

広告を非表示にする