近況報告の歌

買った本とか日常のどうでもいい感じの記録。

新刊が…出るよ…!

ちょっと昨日馬鹿みたいに落ち込んでいたので手ぶらでイベント参加になるかしらと思いましたが、今日起きたらいきなり吹っ切れたので新刊ができました。頭のおかしい高校生と小心な大人のダメな話の続きです。前作と、あとついでに素敵な恋の悩み方もほんのちょっとだけ刷り足して行くので、許容範囲の大きい人はよかったら遊びにいらしてください。
 
TORさんにも初恋の人から手紙が届きました。

 
透、元気にしてる?
今でもお気に入りのグラビアアイドルに丸をつけていますか?雑誌に丸をつけるのが趣味だった透をなつかしく思います。
 
泣きじゃくる私に透が「おまえは体だけの女だ」と吐き捨てお別れすることになったあの日から、もう10年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。
 
お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?
 
今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、私たち、めちゃめちゃな恋愛でしたね。なんだかんだ言っても余裕があるのはいつも透のほうで、私はいつも泣いていたような気がします。そういえばあのころ透はよく「おれと別れたあとのおまえが心配だ」と言っていましたね。本当は透のほうがモテていないことは黙っていたのですが(私はわりと告白されていたので)、その後はどうですか?
 
私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえば透にとっては初恋の相手が私でしたよね。最初のころの透はキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。
 
付き合いはじめたころ、透はいきなり「おれはおまえを最初で最後の女にするつもりはない」って言っていましたね。そういうことを平気で言えてしまうところ、今でもきっと変わらないんだろうなぁと想像すると、少し今の透の人間関係が心配になります。
 
透との恋愛から得たものが何なのかなぁと振り返ると、たくさんのものがあることに気付かされます。警戒すべき男性の見分け方などは、透のおかげで実践的に身に付いたのだと、日々実感しているところです。どうもありがとう。
 
いろいろ書きましたが、私は透が大好きでした。これからも透らしさを失わず、あと臭いジーパンは洗うようにして(笑)、新しい誰かと幸せになってください。
 
またいつか会いましょう。では。
 
P.S. 透が誕生日にくれた下着、そろそろ捨てていいですか?
 

 
ナオヤさんでもほとんど同じ結果になりました。ナオヤの誕生日はMURさんが「7月8日でいい、ナオヤだけに」と言ったことを評価してそのとおりにしてみた。
わたしが透さんやナオヤさんをどんな目で見てるのが非常によくわかる遊びだな、と思いました。