カエルちゃん

実家に戻っているので、犬と散歩してたら、道の端でアマガエルが三匹ぴょこぴょこしてましたよ。
カエルはかわいいなあ。
中学校の時、校門へ至る長いまっすぐな道があって、その道は両脇が田んぼだったから、百メートル以上コンクリでできた用水路に挟まれててね。
乾いた用水路のコンクリに手足がくっついて、ひからびてるカエルが、いっぱいいたんです。
一年生の頃、その状況にあんまりびっくりしたので、つい何匹ひからびてるのか数えたんですけどね。
三百を超えたあたりで面倒になって数えるのをやめました。
三百数えた頃にも、校門まではまだ五十メートル以上ありました。
 
雨の日は、ひからびないやつがゲコゲコ道に飛び出してきてね。
自転車通学の子とか、車とか、もうゲコゲコしてるやつの上を通らないことには一メートルも進めないのでね。
 
カエルはかわいなあ。
 
実家の裏にも用水路があって、今日散歩しながら眺めてたら、カモの親子が泳いでました。
用水路のみずべりに、ねこじゃらしとかカタバミとか生えてて、老いてよぼよぼしている犬とゆっくり歩きながら、夏前のぬるい風などを浴びて、なんかこう…。
しんみりっていうかしんなりした。
 
帰ってきて家の中にいたらカナブン踏んづけた。しんみり。
 
家庭菜園でとれた茄子とか食べてます。おいしいです。
眠いです。

広告を非表示にする