渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

わんこげんき

自分が女子高生で、親友のふりをした女子高生と一緒に嫌いなやつの家に灯油をまきに行く夢を見た。
そして我は汝、汝は我で、わたしは彼女の作り出した幻想だったらしく、彼女が自宅に帰ったらわたしは消えてしまったよ。
 
演出がやたらドラマチックだったのでなんだこりゃ…と思っていると、ぼんやり
「学校でキスしてるおまえが悪い」
って台詞が聞こえて、『学校とな!』とうっすら夢から覚めてきて、
「ていうか、妹とキスしてるおまえが悪い」
という台詞で『兄と妹が学校でキスとな!!』とばっつり目が覚めた。どうやら母親がわたしも寝てる部屋でテレビを見ているようだった。
寝起きな上、眼鏡もないので画面がよく見えなかったけど、たぶん映画だと思います。深夜ドラマかもしれない。
体育館みたいなとこで制服姿の男子(シャツネクタイで、役者がおそらく高校生よりも年上なのでシルエットがサラリーマンみたいだった)ふたりで上のやりとりをしてたシーンと、水族館で妹らしき女の子と眼鏡がデートしてて、
「ヨリ(?)がこれなくて残念だったね」
っていう会話のあとおみやげ(シルエット的にストラップな気がするが、よく見えなかった)を買っていたのと、そのおみやげを眼鏡がバスの中で幼女にあげていたのと、どうもヨリ(?)と妹は同じ部屋の二段ベッドで寝ているらしい、というとこだけ覚えている。
あと体育館でヨリ(?)と一緒にいた男子は絶対ヨリ(?)が好きなホモに違いないと思ったことと。
 
寝ぼけながら見たのと、部屋が暗かったのと、途中で母親がテレビを消してしまったので話が断片的にしかわからなかったんですが、そんな感じ。
演出とか台詞から古い映画かなと思ったんですが、携メ使ってたからそんなに昔のでもないのか。
検索して何の映画化調べようとしたのですが、実家の回線は相変わらずでYahoo!のトップページに辿り着くのもひと苦労なため断念。
あの兄妹はどうなったのかしら…実は血が繋がってなくてハッピーエンドとかではありませんように。
この映画がなんなのかピンと来て、結末知ってる方は、兄妹が血が繋がってないけど両思いで、でも一線を超えず(チューまでなら許す)、お互い他の誰ともくっつかないエンドだった場合だけ教えてください。
妹役の子のあんまり可愛くない(顔)感じと、でかいのに首と胸の華奢な感じがすごい好みだった。
 
それはそれとしてうちのお姫様。

相変わらず写真嫌い。こっちを見てくれません。