『夢は廃墟をかけめぐる☆』発売のおしらせ

夢は廃墟をかけめぐる☆ (ディアプラス文庫)

夢は廃墟をかけめぐる☆ (ディアプラス文庫)

本日(10/10)発売です。

君のそばにいる自分が、本当の自分であればいい。
廃墟マニアのカメラマンと人生捨てかけの元エリートサラリーマン。
育ちも価値観も違う二人の恋の行方は……? 年下攻ストレンジ・ラブ♥

帯のあおり。
ちなみに雑誌掲載時はこれでした。

その風雅なたたずまい、
風景に馴染む枯れた風情。
一瞬で心を奪われた、彼は
”廃墟の精“――…。

↑こういう話です。
生まれて初めて三十代のおっさんに『可憐』て形容詞をつけた。
基本的に人の話を聞かない人たちの物語です。
今回文庫の色が青くて、目新しい感じでちょっとドキドキしました。ロゴを見た時は、苦労をかけてすみません、と思いました。毎度思いますがデザイナーさんてすげーなあ。あとあおりを考えてくれる編集さんもすげーなあ。ありがとうございます。
 
それにしたって依田沙江美さんの廃墟のイラストはとてもすてきだ…! 廃墟でラブラブしてる人たちがすごいしあわせそうで嬉しいです。ありがとうございますありがとうこざいます、三島も伊原木も廃墟もマッサージ機もオタクロビーも麦わら帽子も好きすぎる!
書き下ろしの扉の三島は人さらいにあいそうで不安です。
 
伊原木「あー(要さん)かわいいなあ……」
三島「(ユキジロウは)かわいいだろう」
伊原木「うんかわいい(にこにこ)」
伏見「(ふたりを指して)あれは萌えですか?」
朝倉「君は萌えというものをはき違えているねえ」
 
うん、どうでもよかった。
 
この記事は宣伝のつもりだったんだ。よかったら読んでください。

広告を非表示にする