渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

僕の靴より汚い

まだぺもた先生がご存命で、ちかさんがシャビを飼っていない頃に式部さんとやった絵茶ログ。もうどっちがどっちの絵でどっちの字とか見分けつかないような気がします。左がちんな。
なぜ文字チャット機能もついてるのにわざわざペンタブで会話してるのか、というかお互い家が歩いて30秒のところにあるのにどうしてわざわざチャットで話しているのか、自分でも謎です。でも絵チャット楽しいよね。
↑普通の絵サイトの人がやってる絵チャットと遊び方が全然違う気がしつつ。
 
この頃は、なぜかちかさんに猫を飼わせようと必死であった…。ふたりで一生懸命電波を飛ばしたんですが届きませなんだ。この時のさびねこはどうしたのかな。
今はちかさんも(かわいい)さび(?)ねこ(?)を飼い始めたというのに、そのさびめがものすごいビビリなので全然触らせてくれないし姿もなかなか見せてくれないので、本当はいなかったらどうしようと不安になる時がある。ちかさんはシャビを飼う前に妄想の仔猫を飼っていたという。今日も触らせてもらえませんでした。ほんとにいるの?
 
猫って馴染みがなくて、間近で触れあったのはケイティ(式部さんちのねこ)が初めてだったんですけど、ケイティはまるで犬のように愛想がよくて人間にべったりなので、ねこってそういうもんかと思っていました。
でも違うのね。基本的にあんまり飼い主以外の人にべったりしないもんなのね。
シャビはケイティみたいに、人の顔を見るとだっこをねだったり、隙あらば肩に昇ってきたり、人間がいなくなる寂しさのあまり大声で鳴いたりしない(マンションの外まで聞こえる…)から不思議だったんですが、実はそれが正しいねこらしいです。へー。
ねこ飼いたいなと思ってて、でもケイティみたいに遊べ遊べ構え構えってひっきりなしに言われたら忙しい時構えないのがかわいそうかもと思ってたんですが、放っておいて大丈夫なねこは大丈夫らしい?
今は生き物を飼う気がしないので、まあ獣分が不足したらケイティを捏ねにいけばいいわけなんですが。ほぼ毎日ケイティを触っているので、ケイティはもしかしたらちんがおうちに住んでて普段は別の部屋にいる人だと思ってるかもね。
ケイティは世界で一番わたしをちやほやしてくれる存在かもしれないと、今ふと思った…。
まあ式部さんのことが一番好きみたいですけど。あたりまえか。
 
ケイティは何でいつもちんを踏んで移動するのかな…。