2006年夏コミ

2日遅れですが、夏コミに参加されたみなさんお疲れさまでごんした。
電気犬工場のスペースまでお立ち寄りくださった方々には心の底からありがとうございます。そして夏なのに! コミケなのに!! 新刊なしというこの低鱈苦、ああ低鱈苦、心の底から不甲斐なさに恥じ入る次第です。
ペーパーだけでいっぱいいっぱいでした。そしてあんな間抜けな小説をつけてどうもすみません。むしろなかった方がよかったんじゃ…と終わってから悔やみました。
まあ、あれで冬杜に呆れられるほどやつに夢を見ている人もいなかろう。
 
式部さんのペルソナ本も間に合いませんでしたが(しかしこの人頑張ったよ…)、こっちもまんがつきペーパーを配布させていただきました。
27日にうちがゲームでスペースを取っているので、その時に多分オフセ本を委託するんじゃないかと思います。するんだよね?
 
すごく暑かったですが、おおむね元気に一日過ごしました。
前の晩、ちょっと事情があってほとんど眠れなかったため、生きの電車で貧血起こして恥も外聞もなく椅子のないとこに座り込むようなありさまだったのですが、やっぱり会場ついたら元気になった…。
恐るべきオタクの血。
そして自分の買い物ですっかり逆上し、ショタ・ショタ・オッサン・オッサン・オッサン・オッサンとサークルさんを強襲しては全買いをしていました。どうかしていたとしか思えん。もう駄目だ、最近ハンクスのせいでやんちゃ受けへの熱がとまらない…! もう筋肉。筋肉。筋肉。筋肉。たまらん。どうしたんだろう細腰の美少年ばかりを愛してきたこのわたくしめが。ここ二年ほどこんな状態です。
しかし今回、オリジナルと思って買った本が四冊くらいパロディでびっくりした。どれだけ逆上してたんだ。
気づくと武蔵受けが手許にもりもりと…おかしいな、武蔵が泥門に参加するまではムサヒルだったんですけど。武蔵本はさすがにそれとわかって買いました。
ううん30過ぎのオッサンはいいなあ。30過ぎで乙女だとなおいいなあ。
この荒れ狂うオッサン受けへの情熱は(武蔵はオッサンじゃありません。年齢的にはショタと言ってもいいのかと思う、あの世界では…)J庭に持ち越しだ。
 
あれ、イベント報告のつもりが。
 
既刊を手にとってくださった皆様、お声をかけてくださった方、差し入れまでくださった方、本当にありがとうございます。顔見せにきてくれたお友だちにもありがとう! サイト見て来てくれた人もありがとう。感想とか生で聞けるのほんと嬉しいです。相変わらず話しかけられると舞い上がって変なことを言ってしまい、のちのち布団を被って呻いたりしています。10年以上やってるのにうまくできなくてダメだなあわたしは…。

今回もお手伝いいただいたT子さん、途中参戦(お疲れ様…)の式部さんにもありがとうございます。おかげで生き生き買い物ができました。
そして今回も撤収時に風のように現れ、颯爽と搬出を手伝ってくださったのち風のように去っていった兄貴勇者様に大感謝でございます。ほんとに撤収のためだけに来てくれるよ! ありがとうございました。
次のオリジナル新刊はJ庭になると思います、こっちは何かしら新しいものを持っていきたいと思いますので、懲りずにまた遊びにきてやって下さい。

広告を非表示にする