渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

お誕生日様祝い

今日はお誕生日様を祝いに、以前住んでた町寄りのハンバーグ屋でディナーなど。とても味わい深い店でしかも美味しいので大好きです。もうちょっと近くにあれば通い詰めるのに。「おうちでごはん 1 (バンブー・コミックス)」に出てくるレストランにきもち似ている、といったらあっちのマスターに失礼かもしらんが(どっちとは言わない)、とにかく絶品です。大きさとソースとトッピングを選んで、ごはんとスープと飲み物飲み放題つきセット。
お誕生日様のためにデパ地下でケーキ買って持ち込んで、皿や包丁を借りてお祝い。
ホールで買ってしまったので、店長と、その場に居合わせたカップルにもお裾分けしました。はからずも見知らぬ人にまで祝われるお誕生日様。そういえばお誕生日様は以前TDRでも見知らぬキャストのみなさんなどに歌つきで祝われまくっていたなあ。
↑お誕生日用のシールをつけていたから
 
お誕生日はいいですね、わたしはイベント女なので心が弾みます。記念日は全力で祝いたいタイプ。
 
息抜きしてしまった。今軽く日程が詰まっているので、PCの前以外にいる時は常にスリリングな感じです。湿疹ができて以来、緊張の度合いが瞬間的に高まると、ぶつぶつしてるとこが電気通されたみたいに痛がゆくなるようになってしまったびりびり。
ひょっとしたら具合が悪いんじゃなくて、キャトルミューティレーションされたのかもしれませんびりびり。どうりで腹に穴が開いてると思った! ドレーンの痕じゃなかったんだ…。
 
唐突にPCのデータ整理をはじめる。ふと気づいたら文章ファイルが膨大な数になっていて、目的のものがみつけづらくなってきたので、もうちょっと分けてみた。
今までは「普通の話」「ホモの話」「パロ」「その他」「****(ひみつ)」くらいに分けていたんですが、普通の話「ファンタジー」「異世界」「日常」「超常」「近未来」に分けてみたり(ファンタジーと超常の違いがすごい微妙)、ホモは仕事の出版社ごとと、「中高生」「学生」「社会人系」「大人×学生」「探険隊」「不思議」「その他」に分かれました。
先生×生徒は中高生に。ぽえ太はをどこに入れるのか迷った。大人×学生って、糸賀を大人と定義するのに抵抗があったりして、まあどうでもいいんですけど。
Love letterは中高生にするかその他にするか迷って不思議に入れた。
こう、カテゴリで分けてみると、自分がその話をどういうスタンスで受け取ってるのかわかっておもしろいなあ。
三年くらい前は、自分のフォルダに「社会人」ができるとは思ってなかった。まあみっつしかありませんけど。
 
これはみんな一太郎ファイルなんですが、メモ的なものを書き留めるには紙copiを使っていて、これも細かくフォルダ分けされておる。最初は「標準」のフォルダで何でも書いて、あとで別のフォルダに移動する時、何となく自分の中のHDDでもその内容が整理されます。
割と何でもかんでも取っておく方なので、たまに整理しないとごちゃごちゃして境界線がなくなる…。
なるべくいらないものは捨てたいです。いらないファイルを棄てる瞬間が好きだ。シフトを押しながらデリートする時はドキドキしてたまりません。←Winだとゴミ箱に入れないでそのまま消えちゃう
 
前は細かい違いまで記録していたので、たとえば小説の改稿前と改稿後の両方を取っていたんですが、最近は改稿したら前のは棄てるようにしています。どうせ二度と改稿前のファイルを見返すことはないのだ…。
そんでも前は怖くて棄てられなかった。何が怖いのかよくわからんが。自分の書いたものに固執しすぎてたのかも。
あとPCだとファイルが壊れることが多いから、初めの頃はこまめにバックアップも取っていたんですが、途中からいくらバックアップを取ってたって消える時は消えるんだと諦めるようになりました。二回目の方がうまく書けてる気もするし。
 
なんてことをしていたら時が流れて行ったよ。気分転換に始めたことに夢中になるのは人間の遺伝子に組み込まれた行為ですよね。