ついにあの人は手の届かないところに

それでもまだ少し未練はあったのです。
でもいいんだ、もう吹っ切れた。あの人は遠くに行ってしまった。
わたしのような凡人の手に触れるような位置にいてはいけないんです。高処へ…! 高処へ…!!
飛んでいけもう。
声に出さず会話している相手チームのホモたちに関しては、テレパシーごときじゃまだまだだねってことなんですね。
30.5巻が版元でも売り切れていると本屋に張り紙してあって悲しいというお話しでした。

広告を非表示にする