渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

目について

CHERRYは帯見て買ったんだけど、想像と違うのでびっくりしたよ。主役カップル(でいいんですよね)がアホでかわいかったです。
コミケがコミフェスになってるのは、げんしけんの影響なんだろうか。
 
人にBUD BOY貸すのに、最終巻と16巻がなかった。返してもらって読み返したらすげー気になって、幸い最終巻だけは書店にあったんですが、16巻が見あたらない…ちょうど話が切れてるところでよかったです。まだ売ってるみたいなのでAmazonか。
何度読んでも贄の皇子の話は泣ける…。
読み返したら、記憶よりも東雲がより本物っぽいので気持ち悪くてよかったです。趣味的に見え見えですが、わたしは東雲が大好きです…。
やっぱり市東亮子のまんがはおもしろい。やじきたもどんどん続き出るので嬉しいな〜。
 
人に貸しておいて最終巻だけない、っていうのは、『彼方から』でもやったなー。わたしは本誌で読んでたんで、後でいっかと思って買わなかったら、借りた人が買ってくれました。
スッキリ終わってる長いまんがってすごく貴重だな〜。