渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

映画みてきた

 
予告見てすごく楽しみにしてたんですが、期待どおり、すごくおもしろかった。堤さんがかわいかった…。
内容については、これから観る人多いと思うので詳しく書けませんが、撮影技術ってものすごく進んだな〜と感動した。
本当にすごくいい映画だったのに、すごく感動してもう滂沱していたのに、「ダメよ奈穂、そんなことを考えちゃ」と自分をしかりつけても、どうしても、どうしても、茶川が受けにしか見えなくて、そこが唯一辛かったです。どう見ても淳之介×茶川…将来…いや…。
そんなことばっか考えてしまう自分に呆れてたら、一緒に行った友達も帰り際に「吉岡は受けだ」と言っていたので、別にわたしのせいばっかりじゃなかった気がします。
 
いやごめん、ごめん、ほんと、普通にいい映画でした。日本映画っていいなーってしみじみ。ひろ子ちゃんも可愛かった。あと六ちゃんも。
何かいろいろ心に触れるものあり。しみじみいたしました。
 
映画館に「あらしのよるに」の宣伝用のぬいぐるみが飾ってあって、すごくかわいかった。これも楽しみだなー。恋愛論の本ってどうなのかなー。