映画に行ってきもうした

ギリギリ間に合った。近場ではもう先月早々に上映が終わっていたので、諦めてたんですが、ちゃんと調べたらまだ新宿と渋谷でやってた。ちなみに7日までです。
感想は特にこれといって…つまんなかったわけじゃなくて、映像も話もこまごましたところもすごく好みだったんですが、感想が言いづらい。
とりあえずオダギリジョーがほんと気持ち悪くて、ぞわぞわするってことくらいでしょうか。
好きだ!
 
あと予告編でこれは観ないといかん、と思ったのが

まああらすじを読んでくれよ。

田舎で生まれ育った17歳のティエン。趣味は読書。愛読書は「愛とは信仰なり」…。

恋にうぶで、純な彼は、あこがれの都会で夏休みを過ごそうと、単身台北に乗り込んだ。年ごろの男の子と同じように、新たな出会いや恋に胸をときめかせ、最良の夏休みが過ごせることを夢見ているのだ。

そんな彼が、台北に到着して早々出会ったのは、超イケメンのバイ。誰でも魅了されてしまうバイの不思議な魅力に、ティエンもイチコロ。新天地で右も左もわからないティエンにやさしくしてくれるバイに、ティエンは一目惚れしてしまう。

ところが、バイの正体は、なんと"ミスター・ラブマシーン"とさえ呼ばれている超有名なプレイボーイ! "同じ男とは二度寝ない"をモットーに、一期一会なラブゲームを楽しんでいるのだ。よって、ティエンのようにコロリと一目惚れする者は後を絶たず、捨てられていった者も数知れず…。

ティエンの親友たち、ユー、CC、アランは、何も知らないティエンがバイに弄ばれ傷つくのを、黙ってみていられない! と立ち上がる。彼らは、バイの派手な恋をさらに大げさにティエンに語り、何とかティエンをバイから遠ざけようと試みるのだった。ところが、親友たちの思惑とは裏腹に、どんどんとティエンはバイにのめり込む。更に運命も手伝って、ティエンとバイは急速接近し、お互いに惹かれ始めていく。そしてついにはベッドイン!

ティエンは、ついに初恋相手と一夜を過ごした余韻で幸せいっぱい! ところが彼がシャワーに入っている内に、バイは逃げ出すように部屋から出て行ってしまう。初恋成就の幸福感から、アソビの道具に使われた失意へまっさかさまのティエン。 そうしてティエンは、"恋は理屈じゃないし、移ろいやすくもろいもの"と気づきながらも、初めての恋と失恋に深く傷つき、ふさぎこむ。

一方、バイもまた、本当に自分がティエンと結ばれるべきかどうか悩んでいた。実は、彼が本気の恋人をつくるのに慎重になるのには、誰にも秘密にしている理由があるからなのだ。

お互いに、追いかけたい、もう一度恋を掴みたい、と思いつつも、二の足を踏む二人。この恋は実るか否か。また、バイの秘密とは!?

 
た、た、たいへんだ、みんな、俺たちの妄想が映像になってるぞ!!!!

広告を非表示にする