渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

なんの罠だ!

昨日、ダイニングと廊下を区切るドアが、突然開かなくなりました。
わたしはダイニング側に閉じこめられ、扉の向こうにはトイレがあります。
ノブをどう回しても、金具が引っかかってドアが開かない。ちょうつがいも外れない。わたしの腹は延々飲み続けた水がたまっている。
ここはマンション最上階、屋根の上に出る窓には鉄格子。
 
人類の尊厳に関わるピンチがまたやってまいりました。
 
三十分くらい格闘してから、どうにもならずに合い鍵を持っている友だちに泣きつく。ドアの外からなら開くかもしれない。
最悪朝になったら(閉じこめられたのは夜でした)大家に電話してドア外してもらってー、とか話している途中に気づきました。
防犯を心がけているわたくし、ドアのチェーンをかけておりましたよ。
鍵が開いても中に入れない!
 
とりあえずドアノブを外そうとしてもドアにがっちり埋め込まれていて外れず、いよいよという時はシンクか、ペットボトルか、と覚悟を決めた時、なんの奇跡が起きたのか金具が外れました。ドアノブの金具をいじったのが効いたみたい?
よかったよかった。いざとなったら消防署に電話してチェーンを切ってもらうしかない、と思いつめていましたが、無駄な恥をさらさなくてよかった。
ペットボトルの出番もギリギリなかった。
 
結局ドアノブのネジが一部ゆるんでいたのが原因だったらしく、とりあえずドライバで締めておきましたが、ちょっと前にもここ直した覚えがある。
さすが築三十年のマンションです。
入居当時から、このドアがいがんでいて開け閉めがちゃんとできなかったり、問題はありました。ドアが斜めになってるから床にひっかかってちゃんと閉まらんかった。前の住民はどうしてたんだ。とりあえずかんなで削りました。ここで大家に相談してたらドアとっかえてくれたかもしれないのに。
 
しかしこうなってくるとこのボロ家も愛しいです。
なんとしても10年は住んでやる…とりあえず目指せ更新です。人生初の更新なるか。ひとり暮らし初めて五年経ちますが、一回も更新したことがありません。どうかと思う。あと一年ちょっと頑張れわたし。