念願の!!!

山口・パクキャストをひとまず。
もうずっとずっと観たやった舞台なので、滅茶苦茶楽しみにしてました、
が!
 
想像以上にすごくて、観客席で叫びそうでした。
いやーもう山口トートが。閣下が。
あまりに格好よくて本気でおしっこ漏らすかと思った。
あの絶妙な気持ち悪さがたまりません。カテコで出てきた時、ただそこに立ってるだけなのに思わず本気の悲鳴を上げた…みんな叫んでいた…。
一路も可憐でかわいかったし、高嶋兄も思ったよりよかった。芝居観たことないので不安だったんですが、すみませんって感じで。
やっぱ金かけてるだけある舞台でした、やな意味じゃなくてさ。グレードとクオリティがすさまじく高い。ぞくぞくしました。舞台全体から出るオーラみたいのがもう強くて、長丁場だったのに飽きず夢中に観てました。
閣下も一路もよかったし、群舞もトート隊もたまらなかった。高嶋もとっても気持ち悪かった。
来週内野閣下を観てきます、どういう解釈なのかこれもすげー楽しみ。
当日券も出てるので、隙があったらできるだけ観たい…。
見終わった後、しばらく頭の中身がどっかいっちゃって大変でした。
 
あとアレな趣味の女子向けのシーンもあってすばらしかったです…閣下とルドルフ殿下の死のダンス…あそこだけでも一個の舞台になるよ。誰かやってよ! とてもいやらしかったです。
これから観る人のために詳しくは言えないが、みんなあそこで悶絶するといい。
 
あれですよね、エリザベートがなかなかトートに堕ちないのはさ、トートがあんまり格好よすぎて、はしたない女と思われたら嫌だからですよね。だってあれで堕ちないわけがないもん。負けず嫌いなんだよね。そうに違いない。
そして閣下はきっと、あっさり堕ちるようならエリザベートに恋をしないわけで。
あの恋のあり方がどうしようもなく好みで、必死に閣下を応援していました。
あれ? と思ったところがなかったわけじゃないですが、それを差し引いても大満足な舞台でした。

広告を非表示にする