渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

鮎、溺れてますか

結局携帯は修理に出しました。ショップ行ったらどっちにしろほとんどの機種が在庫切れだったんですが何だありゃ。昨日はほとんど残ってたんだけどな〜。
白ロムの誘惑に心惹かれましたが、結局送料入れると修理代より高くつくのでやめた。上位機種は普通に機種変した方が安いし。あれで買う人いるのだろうか。
ところでモック集めてる人ってあれ、純粋な趣味なんだろうか。よくショップに「持ってかないでね」みたいな張り紙があって不思議だったんですが、コレクションしてる人がいるみたいでびっくりした。フィギュア集めるみたいなもんでしょうか。自分が蒐集癖ないのでピンとこない。モノによっては白ロムよりモックの方が高かったのがやっぱり不思議です。
 
こないだ24時間テレビを見ていたらですね、ダーツの旅で、あちこちの村を訪れては村人に「あなたにとって『生きる』とは?」っていう質問をしていてね。
何かのついでみたいに、誰かがウドちゃんに「ウドさんにとって『生きる』とは?」と訊ねたところ、ウドちゃんは迷いもせず、「天野くんと一緒にいることです」と答えました。
わたしは何だかものすごく感動したよ…。
別にキャイーンにホモ萌えしてるわけでもなくて、全然そういう意味じゃなくて、何かものすごくグッときた…。
ウドちゃんのピュアさに心が震えました。こういう人っているんだな。ウドちゃんはきっと神さまのお使いだと思います。みんなで大事にしよう。
 
自分にとって『生きる』とは何か、つられてぼんやり考えて、まあ結構簡単に答えは出たわけですが、恥ずかしいから言えないよね。よね、って誰に言ってるんだ。
まあ生きてる限りオタクですよということです。