渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

行ってきました…

俺たちは氷のエンペラ〜♪
 
…すみません、素でべたまに恋をしてしまいました…。
昨日から気を抜くとべたまのことばかり考えています。やばい。格好いい。普通に格好いい。
手塚部長目当てで行ったんですけど、べたまもお歌が上手だったので、すげー楽しかったです…いやもう、最初の青学メンバーの合唱とこでもうすげー自分の中が盛り上がっててさ!
やっぱテニミュはいいよねー! って興奮してさ。
 
リョーマが出るまでは。
 
あれ? 柳ってこんなにヘタだったっけ?
もともとミュージカルとしても巧拙を気にするような舞台ではないと思って見に行ってるんですが、それにしたってひどかった。
秀一郎役の人が前回初舞台で、やっぱりひどかったんだけど、今回ものすごく上達しているので驚いたんですが、それと同じくらい柳のひどさにびっくりでした。
話自体、リョーマはいてもいなくてもいいエピソードだったんですが、やっぱり意図的にソロや見せ場を減らされてる感じがした。演出で。
その代わり部長同士の絡みが見られたので、むしろ嬉しかったんですが。
 
そんで乾海にひたすらモエモエしてました…あのシーンが来る、来る! って思ったらひとり悶えてしまいましたが、よく見たら隣の×さんも同じだったので恥ずかしくなかったです。
そういえば乾ってかっこうよかったんだよな、と思い出しました。薫はかわいいよ。
 
ゲストはKENNでした。裕太もかわいい…バカ澤となかよしなのがまたかわいいです。あとバーニングなタカさんから逃げまどう姿も。
亜久津も逃げまどっていてかわいかった。
 
カーテンコールの時、亜久津が千石を姫だっこして観客からキャー! て悲鳴が上がって、ふーん、と思ってたんですが、手塚に投げキスされてまた自分もキャー! てなってバカだなーと思ったんですが、格好いいから仕方ないんですよ。
何だこの日本語?
 
氷帝のみんなに「行ってよし」されて笑った。べたまの投げキッスにかばじが直立不動の姿勢のまま後ろにひっくり返ってるのがかわいかった。
でもわたしも直撃受けたら気絶すると思います。なんかべたまはものすごくべたまっぽかった。というか諏訪部っぽかったというか…。
あと忍足がものすごく忍足らしく気持ち悪かったのですげーなと。木内っぽい?
向日がくるんくるんしてて可愛かったです。テニミュのお客は普通のバク転でどよめくのですごい…。ジローも宍戸さんも踊りがちゃんと上手かったので安心して見られました。氷帝は全体的にそういう点気にしてキャスティングしたのかなー。すごいよかったです。みんなちゃんとキャラっぽく気持ち悪かった。
 
相変わらずわたしは秀一郎と結婚したいと思っています…。
べたまは遠く、柱の影から見守っていたい。べたまがみんなに愛されていると嬉しいです。
 
でも今回一番の萌えどころは国光と秀一郎の友情だったよ。「手塚君!」「大石君!」って言い合ってるのがすげーかわいかった。中一だもんね〜。
この頃のテニスはまだ普通に地球人だったよな、と懐かしくなりました。
思えば遠くへ来たもんだ。
 
普通にレポートしてすみません(?)
ものすごい盛況だったので(物販、近づけもしなかった。列に規制かかってたし)、次もあるはずだ。で、次は立海だっけ? 他に何かあったっけ? ってすっかり緑山とか六角とか忘れてた。
ルドルフ戦がもう一回みたいなあ。DVDか。
 
テニスに関しては恥を忘れた人間の勝ちだと思います。
と言い訳せずにはいられないのに、やっぱりまだ恥を捨て切れていないわたくし。
 
夢に見るほど楽しかった。