記憶の上書き

初演で見はぐったので、ものすごく楽しみにしていた舞台。酒井若菜が降板で鈴木蘭々になるというのでちょっとガッカリしてたんですが、見てみたら思ったよりは大丈夫でした。
高岡早紀があまりに細くなっているので、一幕が終わるまで高岡早紀だと気付かなかったわたしの目の節穴ぶりも相変わらず…。
「すげーキレイでじょうずな人だな〜、蘭々主役なのに喰われちゃうな〜、劇団の人かな〜」とか思っていた。お歌が大変上手く、声が綺麗だったので、サントラ出てたら欲しかったんだけどなかった。
岡本健一は相変わらず男前で(数年前にかなり毛髪が危ないと思っていたんだけど、踏みとどまっていてよかった)宮藤官九郎は舞台に立ってるとこ初めてみたんですけど、普通に役者として素敵だったので感心した。インタビューとか見てると、もっとニヤニヤやに下がった奇妙な兄さんというイメージがあったんですが、マジシャン役がぴったりでした。
 
で、
阿部サダヲですよ。何ですかこの人、見るたびにキラキラしていて恐ろしい…! 恐ろしい子…!! 
今回席が近かったおかげで、真横に阿部サダヲが来てくれてニギャ! となりました。あともうちょっとで式部さんがチューされるところでした(笑)惜しい。
阿部サダヲは年齢を経るごとにかわいさが増す生き物だと確信しました。
「天保12年のシェイクスピア」の時のハムレット役が一番キラキラしていた…という記憶が、今回で上書きされた。フチコマタチコマ…ハリコナ? ハリコナだ、少年ハリコナ役が生で見たもっともキラキラ阿部サダヲでした。
歌のシーンは大変感動いたしました。グループ魂の曲をカラオケで歌う式部さんをやんわりした目で眺めていたものですが、自分も聞いてみたくなったよ。
 
神さま役の人がどうしてもかまやつひろしにしか見えなかったんだけど、あれムッシュじゃないの?
 
エリザベートとテ…ミュ…のチケットも取れたので、た、楽しみです。
内野トートしかチケット取れなかったので、山口トートをどうにか入手できぬか模索中…見たいなあ!
舞台は楽しいけど、チケット取るのが面倒だよな〜。映画みたいに気軽に行ければいいんですけど。無理だけど。
今日は堤二本立てで映画を見に行こうと思ったのに、怠くて断念してしまった。体力つけなければ遊ぶこともままならぬ!

広告を非表示にする