渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

書き忘れていたような

【舞台】

  • WE WELL ROCK YOU

【映画】

WE WELL〜は…タダでチケットもらったので、文句を言う筋合いでもない気がするので割愛…というあたりでどんな舞台だったか察していただけたらと。クイーンはいいバンドですよね。
 
電車男は、佐々木蔵之介が格好よかった。岡田とれんれんが出てるのにスタッフロール見るまで気づかなかった。
ドラマの電車男も二回くらい見たんですが、何つーか、オタクであるからどうこうってより、人間性の問題じゃねえかこれ。普通にこんな卑屈で挙動不審な男は嫌だ。まだ「根拠のない自信と自意識過剰」がないだけマシですが。何で中谷美紀がアレを選んだのか理解しがたい。ストレスの置き換えか? PCを選ぶのにあんな細かくメモしてたり、カタログを会社まで押しかけて渡す辺り、粘着質で怖すぎる…でも中谷美紀が一般人のやさしいお嬢さんなので、いいふうに取ってくれたんでしょうか。前にテレビのバラエティ番組で、可愛いお嬢さんと鉄っちゃんのカップルが出てたんですけど、彼女の方が「人が知らない知識を持っているところが魅力的」みたいなことを言ってたのを思い出しました。そういうもんか。
自分がオタクなので、同族嫌悪で電車男が気持ち悪いのだろうと思います。
しかし、わたしは割と自分がオタクであることに誇りを持っているし(←これがオタクっぽいなと自分で思う)、オタクな人を尊敬しているんですが、もしこういう人間性とか行動の人をさして「オタク」と呼ぶのならオタクと呼ばれたくないなと思いました…。魂の問題かと思ってたんだけど、容姿とか言動の問題なのか。
あと別にネットがどうこうって話と関係ない気がしました。あってもなくても。でもそれがないとただの少女漫画の男女逆バージョンになっちゃうのか。
ばかばかしさ加減でドラマの方がおもしろい気がします。来月舞台も見に行きますけど(武田目当てで…)、どういう演出するのかちょっと楽しみ。
あれ、今気づいたんですけど、オタクとアキバ系が違うってことなのか? どうでもいいか。
 
バットマンビギンズは、周りで評判がよいので見に行ったんですが、思った以上によかった! 執事よかった! やる気満々執事萌え。主人公の顔がかわいいのに筋肉むきむきなところもすばらしいです。コスプレしてる時の方がより好き。
 
ところでバットマンというと、中学校の時の同級生を思い出します。
英語の授業で「BUT」という単語を習った時、「じゃあバットマンは『しかし男』なんだ!」と叫んだ女の子がいました。
わたしはそれを訊きながら「違うよ、『悪い男』だよ」と思っていました。
甘酸っぱい…。