渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

時が止まる…

ゲームの封印を解くと時が止まるっつーかむしろ時が流れるのがはえーっつか、
 
 
誰か探索に皆守を連れていかなくてもよくなる方法を教えてください。
「皆守を連れていった方がいい」とささやくのよ、わたしのゴーストが…。
避けてくれるなら! 高確率でうとうとしてくれるのなら!!
いてもいいと思うんですけど。そんで確率を上げるためには仲よくするしかなくて、仲よくするには探索に連れてくしかないと思うんですけど。
 
いつになったら蒼炎に辿り着けるのか。
 
それはそれとして、今日は昼と夜に外で用事があったので、昼の用事を済ませて夜の用事に直行する予定だったんですが。
昼、電車に乗ってから気づいた。わたし財布持ってない
パスネットを持っていたので電車賃は大丈夫でしたが(むしろでかける改札口で気づいた方が傷が浅かった気がしつつ)、約束していた相手が遅刻してくれたおかげで用事の終了予定時刻を大幅にオーバーし、その間わたしは何ひとつ飲むことも食べることもできず、暑さにぶっ倒れそうになりながら仕方なくいったん帰宅。
で、ごはん食べて、さて夜の用事に出かけよう、途中で銀行で金を下ろして行こう――と思って銀行行ったらやっぱり財布を持ってなくて、もう取りに行ってる間もねーし(でも待ち合わせの相手がやっぱり遅刻してきたので、取りに行けた気がしないでもない)、人に金を借りておでかけしました。
 
脳が腐れているとしか思えない。
 
夏コミ原稿が終わるまで、ゲームは封印し直した方がいいのだろうか。
ゲームを徹夜でやってると脳は確実に腐れる気がする。