渡海奈穂の近況報告の歌

小説家・渡海奈穂の買った本とか日常のどうでもいい感じの記録、たまに宣伝。

何だこの眠毛

生えまくりの眠毛を抜くこともできず、何か一日寝てました…ダリー! 頭痛てー!
そして腹を下す。何かやたら腹痛てーなと思ったら、どうもお茶が腐ってたようでした。何か酸っぱいと思ったんだよね! トイレ行って、水分補給と思ってお茶飲んで、またトイレ行って、っていうのを三回くらいやってから気付きました。どうりでお茶が妙に泡立ってると思った。
酸っぱいお茶はやばい、と学びました。
 
頭痛も一日ひどかったんですけど、気圧か〜? 気圧が低くなるとてきめんに動けなくなります。これじゃイカンと思って、痛む頭を抱えつつ運動してみたらスッキリ! いや多分、その前に飲んだイブが効いたんだと思いますが。
肩こり対策の運動を続けてるんですが、何かいい感じです。多分。体力つけて夏を乗り切ろう。
妙に前向きな今日この頃。この勢いでいろいろ原稿を書きためたい。
 
夏に出るかはわからんのですが、そろそろ探険隊の続きを書こうと思って既刊をひっぱりだしてみました。三巻の初版ってキャラクター設定表みたいのがついてるんですが、わたしも知らなかった秘密がいっぱいです。いや忘れてるだけだったんですが。
ノリミチという名前がどこから来たのか思い出した。あと杉館の兄弟の数が間違っていましたよ。二人って書いてあるけど三人だ。たしか。あと磯崎の苗字がアリエスの乙女たちの高志様から取られてたことと、磯崎の趣味がモデルガンだということもすっかり忘れてました。オタクばっかだよこの部活。
その三巻の初版で、探険隊の今後の展望について書いてあったんですが、やっぱ微妙にずれるわ。「九月文化祭編」でメインが万里、杉館、博己って書いてあったんですけど、杉館メインの博己の話が夏休みラスト編で入る予感。文化祭まで行くかな〜。十年やってて作中の時が半年も流れてないってわれながらすげーですね。
やっぱ探険隊を書いてるとにわにわといろんな血が騒いでまいります。どんどんあさっての方へ行ってる話ですが、一応次のメインが杉館なので、多少は進展するといいなあ、と。
杉館の不幸を望んでおられる方(つーか隊長にいじめられる杉館を望んでおられる方)もいらっしゃるみたいなんで、普通にいい目を見せるか、いつもどおりかわいそうにするか、ねぶねぶ楽しく思案しております。
 
そういえばサイト上で探険隊ページを作ろうと思って五年くらい忘れてた。
どっかで言った気もするんですけど、そもそもこのサイトって探険隊のページとして立ち上げるつもりだったんだよな〜。恥ずかしいのでやめましたが(よかった)。
備忘録的な設定ページを作ったとしたら、三人くらいは喜んでくれる人がいるだろうか。