読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況報告の歌

買った本とか日常のどうでもいい感じの記録。

考えてみれば実家を出てから6度目の引っ越しである

物心ついてからは10回目の引っ越しです。覚えてないのだともっとあるらしい。
世の中には一度も転居をせずに暮らす人もいるらしいというのに何だろうこのジプシーぶりは。

もともと引っ越しが多いし転校経験もありで、なんとなく「ここが故郷」というイメージが実はない。
わたしは埼玉好きを自称していますが、地元だからという理由ではないのでした。中途半端な都会と中途半端な田舎の融合体が好きなのだ。そして実際知っているそのような土地が埼玉しかない。だから「埼玉のどこが好きですか?」と聞かれると本当はちょっと返事に困る。どのような田舎が好きですか?
と問われて「埼玉ですね」と答えたい。
というような感じなのでここが自分の居場所であるという感覚が薄くて(なんかジュヴナイル小説の主人公みたいな文章ですね)、自分の家にいても常にしっくりこなかったんです。

が、今住んでるマンションはね、すごく巣作り頑張ったせいもあって、居心地がよくてよくて、引っ越し直後のブログでも「おうち萌え!」とか書いたのを思い出して切なくなっている。
また新たな巣作りを頑張ろう。
インテリアのセンスというものがなくて毎度家具の配置に困る。画像検索して人様のお部屋を参考にしたりしてます。
仕事する部屋は秘密基地みたいにしたい。今はLDKにどーんとL字デスクを置いて(普通のご家庭ならダイニングテーブルがある場所)作業してるんですが、そうすると目の前にテレビとソファがあってよく考えたらこれはよくなかった。狭いところに閉じこもって作業する方が向いているのに、開放的すぎた。

なるほどこの部屋の居心地のよさはこれか…住むには適しているが仕事には適していない。
ということに今気づいた。
引っ越しは実作業の面で苦手なこととか面倒なことも多いけど、巣作りは楽しいので、来月までにやにやしながら計画作りに励みます。

新しい仕事部屋はエアコンが置けない(室外機が置けない)場所にあるのでウインドエアコンを進められたんですが、今冷暖一体型のウインドファンって一個しか選択肢がないんだな!
昔より機能がよくなっているというし、オイルヒーターなどを使うよりも冬楽なのかなー。
家電見るのも大好きなんですが、なるべく今使っているものをそのまま使おうと思っているので、うっかり余計なもの買わないように気をつけます。

過ぎたことは学んで忘れよう

所用で外出していたのでブログ更新間に合わなかったけど寝るまでは今日と言い張る今日は15日。

昨日の愚痴めいた記事にねぎらいや慰めありがとうございます。他の人から見ても変な不動産屋だなというのがわかったり、自分の精一杯で対処できたので、これでよしとする。
あとはただただ現実的な引っ越し準備が待っているだけだ。

本棚を処分しないといけなくてですね。
今の半分くらいに減らしたい。今うちにある本棚は計18個です。9個だ。9個にするぞ。
電子書籍になってる本は全部処分するつもりです。つ、つもり。どうしてもというもの以外は。どうしてもという本が何冊あるのか?
案外小説が電子になってなくて、電子版の有無を調べたら紙しかないうえにシリーズ続編が出ていることに気づいて、むしろ本が増えたりしますね。あるあるですね。仕方ないですね、どうしてもっての以外買ってないから大丈夫。
ここ数年で800冊くらい電子書籍を買っていて、800冊は物理的に本が増えるのを阻止できているので上出来です。いつもならもう一個くらい本棚増えてるところです。本棚って年に一個ずつくらい増えますよね。自己増殖しますね。気づかないうちに。

週刊雑誌が電子で買えるようになったのが心底ありがたい。捨てはぐってどんどん山ができていくのも阻止されている。
最近PCもそんなに買ってなくて、引っ越してから買ったのがノートPC3個とポメラ1個とKindleとタブレットと…だけなので…。場所ふさぎになることもそんな…。

書いてて辛くなってきた。
断捨離頑張ります。

取り壊しを理由に退去した部屋でクリーニング代を引かれていた問題

まあ見出し通りなんですが、今のマンションに越したのって、その前に住んでたマンションを建て替えるから出ていけって理由だったのです。
で、引っ越した後に返ってきた敷金から「クリーニング代」が引かれていて「ん?」って首を捻った。
そういうものなのかな、お世話になったしまあいいか、と(引っ越しでばたばたしてたから面倒臭いのもあって)放っておきました。

今回トラブルで出ていくことになり、ついでだからと思って「あれは一体どういうことか」と問い合わせたら「そうなんですか…?」ってどうも反応が鈍い。
ちゃんと調べて連絡をしてくれと頼んだら、割とすぐ折り返し電話があって、「あなたが退去した後に入った人がいるのでクリーニング代を引いた」って。
どういうこった。
取り壊すからもう出ていってくれって追い出されたのに、何で次の住民がいてその人が住むためのクリーニング代を追い出された私が出さなくてはいけないのか?
「短期でもいいので住ませて欲しいと言われたので…」とか言ってたんですが、どうも腑に落ちない。私が住んでいたのはファミリータイプのマンションです。単身者が仕事のための短期滞在などでちょっと住むっていうのならまだわかりますが、3DKのマンションですよ。家族が荷物抱えてちょっと住むために引っ越す?
周囲にはホテルや旅館もあるっていうのに?
クリーニングもしないので安い賃料で、っていうならまだわかるんですが。
といういろいろなことを考えて、ああこれ、嘘つかれてるなーって思いました…。
しかもまただ。よくこの不動産屋は嘘をつく。そもそも焙煎のことを自分たちも知らなかったというが、コーヒー屋に聞いたらそもそも店が入る時にすでにその契約だったと言っていたぞ。
次に人が入ることは私が出てく時点で決まってないとクリーニング代引くはずがないけど、私が出ていく時点で次の人が入れるって決まってるなら私が出ていく必要ないじゃないですか。ないですか…。

不動産屋からは、クリーニング代が引かれていたことに関して「ということですー」と説明を締められました。
いやいや「ということです」じゃないわ。
とはいえこの不動産屋が事なかれ主義なのはわかっていたので(どこもそうなのかもしれんが。商売だから)、嫌々ながら怒ることにしました。
前の前のマンションでもトラブルがあって、最初からガスが壊れていて風呂にも入れずコンロも使えずだったのに、どれだけ不動産屋に訴えても直してくれないので、仕方なく周囲と相談したら「供託金にして大家には家賃を払わなければいい」とアドバイスを受け、そのようにしておりました。契約と違うから払えないという意思表示と、払わなけりゃ連絡来るだろうという計算で。
そしたらいきなり「家賃払わないので訴えます」って内容証明が大家から届きましてね…。

という顛末は過去書いたな。
大家は「繰り返し直せと言わないのでそれほど困っていないだろうから直しませんでした」、不動産屋は「しつこく言うと渡海さんがクレーマー扱いされてかわいそうだから言わないでおきました」と主張し始めて、ああもうこれわたしが泣き寝入りするの待ってるな…と察したのですごく怒りました。怒って疲れて帰って泣いた…。

当時のブログにも書いたけどトラブルが起きるとあれですね、とりあえず滅茶苦茶怒って面倒臭い人って思わせないと駄目なんだなと。その時学んだのであった。
日常でも仕事でもそうだけど。話が通じない人には、とにかく「わたしは! 怒っています!」っていうアピールをしないとなあなあにされてしまう。
前回の焙煎の時もキレて見せたら一回焙煎やめたからな。キレた者勝ちというかごねたもの勝ちというか。

しかし、人相手に怒ると本当に疲れるし落ち込むので怒りたくないんですよ…。
そのうえ怒ったからといって対処する人って、「自分は悪くないけどあなたが怒るから仕方なく」って態度で物事にあたるので、大変ストレスが溜まる。
だから怒りたくないけど、「どうしてわたしが我慢しないといけないんだろう」とぐずぐず考えてさらなるストレスが続くので、瞬間的にキレ芸を発揮して解決した方がのちのちの精神衛生によい、ということを身をもって知った。

今回も、「そういうわけでクリーニング代引いたんですよ」と悪びれもなく言って黙り込むので、強い口調で「次の人が入居するということは説明を受けていないし関係ない」ということを言ったら「じゃあどうして欲しいんですかあ?」と完全にこっちを侮った感じで聞いてきたので、ああ足らんかったかと思ってさらにもうちょっと強い口調で「クリーニング代払う必要なかったので返してください」って言ったら、一回電話切れたあとまたかかってきて、「クリーニング代はお返しします!」って、語尾に「キリッ」てつきそうな声音で言うので、これはもうナチュラルに失笑してしまった。
「ハハッ、いや当たり前だわ」って感じ悪く言えた自分を褒めたい…。褒めたいが思い返して落ち込む…。

年齢を重ねると横柄になっていたりするのは、こういう経験を重ねるからっていうこともあるのかなあと考えた。
理不尽なことにまともに当たっていたら疲弊してつぶれてしまうので、負けないために強く出る…。

わたしは頑張った。頑張ったので猫を抱きながら純黒見て風呂入って泣きながら眠る。

縦書きとか黒背景白文字にてんで興味がない

小説を書く人がよくワープロソフトについて「縦書きができないから使えない」とか、ポメラなどでも「縦書きができたらなあ」とか、DM200はその縦書きができるので「欲しい」という人も結構な頻度で見かける。
あと「白黒反転が見やすい」とか。

わたしはむしろ横書きじゃないと文章が書けなくて、白黒反転はどうにも見づらいので、どっちの機能もいらないんですが、「小説を書くのに縦書きじゃないなんてありえない」とか「目に優しいから白黒反転にするべき」とかいう強めの意見を見ると、そうなんだー、となる。そうなんだー。
人それぞれですな。

横書きじゃないと書けない理由は多分ですが授業中に大学ノートにこそこそ書いていた名残ではないだろうか。
逆に校正する時は縦書きじゃないと駄目なんだよな。
紙の本を読む時も縦書きじゃないと読めませんが、ウェブ小説やpixivの小説機能なんかは横書きの方が読みやすいです。
画面で読むとしても、電子書籍だと縦書きがいい。

これ今書いてて気づいたんですが、要するに、「慣れた環境」というか「最初にそれに触れた環境」が大いに影響してる気がする…。
PCを導入した時に縦書きで小説書いてりゃ、縦書きに慣れたんだと思う。pixivも最初から縦書き表示機能があってそれがデフォルトになっていたら、そういうもんだと思って縦書きで読み続けていただろう。

ポメラの画面やキータッチの感触に対する違和感もそれなんだと思います。いつもと違う環境だと苦手意識というか拒否感が極端に出てしまうっていう。
だから一太郎もやめられないんだよなー、Wordの方が普及していて同人誌だとWord入稿など対応している印刷所さんもあるので、一時期Wordに乗り換えようと思ったんですが、機能や操作というより画面の見え方に慣れなくて駄目だった。

この「慣れないものに対する拒否感」というのが強すぎて時々生きづらい。
最初の拒否感を乗り越えてしまえばあとはむしろ慣れていって、今度はそれが手放せなくなるので、「それを使わなければならない強烈な理由」を作って乗り越えるようにはしている。
今それがポメラですね、「毎日ブログを書く」という縛りをつけて書き続けたら慣れてきた。
正直値段のおかげだと思います。4万円以上したんだもの、さすがにこのまま放置したり大して使いもせずに人にあげるのもどうかなと(DM10は慣れないまま何回か使っただけで人に譲りました)。3万円くらいまでの価格帯だとわりと放置してしまうんですが、それ以上になると使わないことに対するプレッシャーの方が強くなるのでそれを回避したいのだった。

そういえばMacBookAirもこんな感じだったな。さんざん捨てるとか折るとか言っていましたが、今ではすっかり…次はMacBookproがほしいなみたいなことに…。

わたしのこだわりなんてこんなもんです。

ふいに電子辞書が欲しいなと思い立ち

あれこれ調べたんですが、種類がありすぎて目移りしまくる。
今原稿を書くのに使っているPCには、ATOK連携で何種類か(明鏡国語辞典・広辞苑・新明解国語辞典・ジーニアス和英辞典・三省堂国語辞典・三省堂類語辞典・日本国語大辞典・岩波国語辞典・明鏡ことわざ成句使い方辞典・大修館四字熟語辞典・角川類語新辞典・日本語使いさばき辞典・三省堂類語新辞典・あと何か英和辞典)が入っていて、って今書き出したら結構あるな…文字を打ち込んでからボタン一発で辞書引きできるので充分なんですが、ポメラで打つ時にいちいち辞書喚び出すのが面倒なので、別に辞書あった方が便利だなーって急に思いついてしまったのでした。
iPodにも大辞林のアプリが入っているのですが、いつも何かひとつ調べるついでに別の言葉をネットで調べ初めてしまってよくないので、やっぱりネットにつなげない状況で辞書引きできた方が便利だなと。

しかし電子辞書はちょっと辞書の種類が多すぎてですね。とりあえず言葉の意味だけ確認できればよくて、それ以外でもっと調べたい時は別の資料を当たるので、最低限広辞苑(広辞苑派です。特に内容がどうこうというわけでもなく、実家にあって最初になじんだのが広辞苑だったという、今でも一太郎を使い続けているのと同じ理由…)があればよかったんですが、広辞苑用の電子辞書って五十音の入力ボタンしかないんだな。
別にそれでもよかったんですが、いろいろ考え、考え、考え…しているうちに、なぜか購入ボタンを押したのが紙の辞典でした…。三省堂国語辞典第七版。
ポメラあればPC持ち歩かなくていいんだから多少かさばるものでも鞄に入るかな!?
って、冷静に考えたら全然そんなことないところに思考が達してしまった。

ネットで注文して今届いて、その…ずっしりとした…重みを…感じております…。

まあいい。広辞苑を電子で買うようになってから部屋が辞書でかさばることもさほどなくなっている。学生時代は常に国語辞典と英語辞典を持ち歩いていたではないか(授業で使うから)。
漢字辞典とか古語辞典とか日本語使いさばき辞典とかはまだ紙でも持ってるんですが。でもあんまり使わなくなっていて、何でかっていうとPC用の電子辞書があるからで、アアー。
今作業がとても詰まっていて、作業がとても詰まっている時のわたしの判断力はポンコツなのだ…。そして作業が佳境の時はPCでしか作業…しない…から今すぐ必要なものでは…なかった…まあいい…まあいい…。

いいんですよ。辞書は読書用になります。Twitterでよく見かける飯間浩明さんが作成に関わっているようなので、読み物として面白い予感がします。子供の頃はよく辞書を読んだんですがそういえば最近読まなくなった。よくない。読もう。Wikipedia読んでる場合じゃない。
3キロのThinkPadを抱えて歩くのに比べたら羽根のような軽さなので持ち歩けるだろう。悔やまぬ。

引っ越しまで紙の本を決して買わないという近いを結局ばんばん破っていて、先週はうっかり文庫十冊ほど買ってしまって呻いていたのを今思い出した。
く、悔やまぬ。
辞書読む時なんかすごいときめくよね、というのを、太い見出し文字や赤い注釈マークを見て思い出したので、いいんです。
電子辞書にはない種類のときめきだよな~(電子辞書もときめきます)。

ポメラ(DM200)の小さい画面にも慣れてきた

普段は21インチのモニタで作業してるので、ポメラの7インチのモニタというのは当然小さすぎてなかなか慣れず、サイズというより一度に見渡せる情報量が少ないのを厄介に思っていました。
が、キーボードと同じ使っていればそれなりに慣れるもんで、今はそれほど違和感がない。楽しく打ってます。

といっても書いてるのが日記だからかなとも思う、雑文だとスマホからTwitterに投稿・Evernoteにメモとかやってるから、小さい画面で取り留めなく打つことにそこそこ慣れている。
前にどなたかのブログで「スマホで小説を打つと文章がネット用(メールやTwitterに投稿するためなど)の文章になる」というのを読んで、なるほどなーと思ったことがあります。
たしかにそうなんですよね、みんながみんなそうじゃないかもしれないけど、少なくともわたしは、スマホで打つと自然と句読点が増えたり、やわらかい言い回しが増えたり、何というか軽い文章になる。画面サイズがどうこうというより、どちらかといえばフリック入力なのが原因かもしれない。両方かな。
それでスマホで小説を書くのは断念しています。気をつけていても、どうもいつもの文章にはならないし、いつもどおり書こうとするとなかなか時間がかかってしまうので。

するとポメラ用の文章もあるのではと思った。
今、小さい画面・小さいキーボードのポメラで打ちやすい文章になってるんじゃないかなーと。
DM200で小説をちらほら書いてみていますが、やはり違和感があって、その正体はこれだったのかもしれない。うまく没入できない感じは、普段の文章と違うからではないかと考えたらすっきりしました。

わたしはさほど文章を練るタイプではないので、頭で考えてからキーボードを打っているわけではないというのも大きいのかな。文章自体を味わってもらうことにはさほど執着がなく(部分的に、このシーンは、というところは特別練り込んだりももちろんしますが)、お話を伝わりやすくすることを一番に考えていて、だからなるべく平易な、わかりやすく読みやすい文章で小説を書く努力をしている。これでも。これでも。
それで読みやすいと言われたり、癖がなさすぎてつまらないと言われたり、癖がありすぎて読みづらいと言われたりいろんな評価をいただくのがおもしろいなと思ってるんですが、それは読み手との相性もありますしまた別の話として。
頭の中で練りに練った文章を打ち出すだけならツールで左右されることもないでしょうが、「指の赴くまま」打つタイプの人は、こういう感じなんじゃないかな。

とはいえポメラのレビューを見ていると、むしろ執筆が捗ったという人が大多数なので、こんな感触を得ているのはほんとわたしだけかもしれませんが…。
慣れたらいつもどおりの文章が書けるようになるか、それともやっぱりポメラ用の文章になって小説執筆には向かないことになるか、でも結局は慣れるまである程度書き続けないとわからないなー。

なのでこのまま最低一ヶ月はポメラで何か打ち続けてみたいと思います。ツールに慣れたところで小説を書いてみることにして、それまでは無駄にちゃんと書こうとして苦手意識を持たないように。「キーを打つ」ことのみの練習と割り切ることにする。
いつまで続くかな。

ポメラからはてなブログを更新してもTwitterに投稿できるようになった

IFTTT使えば一発でした。昨日の投稿の舌の根も乾かぬうちに。
いやIFTTT便利だね…。
はてなブログのRSSが更新されたのをトリガーにTwitterにポストするというだけの簡単レシピです。

下のねこはとりあえずPCから更新してみたテストの名残です。ねこがかわいいのでブログからは削除しない*1。Twitterの投稿一瞬見えちゃった人すみません。

すぐに消せ


これで大体やりたいことできてしまったので更新が捗る。はず…。
特に実のある文章を書いているわけではないのに外堀だけ埋まってしまった感がありますな。
でもひさびさにブログ楽しいな~。

*1:などと言っていたらテスト中に消してしまった。なかなツイートされないので失敗したかと思って削除したけど単に実行が遅延してただけっぽい。ねこよ…

段々ポメラの打鍵に慣れてきたぞ

今でもポメラはまだ4万円台なんですな、ポータブックは2万切ったところで買ったよ。
DM200の打鍵感についてぶつぶつ文句ばっかり言ってたんですが、慣れてきたらそこそこ打てるようになってきた。RealForceと比べても仕方ないので忘れる…。
どうしてもアイソレーションキーボードに慣れないのでしばらくマルチカバーをつけてたんですが、打ち方のこつを覚えてきたらカバーない方が楽になってきた。シリコンのマルチカバーは埃がつきやすくてみすぼらしかったのでよいことです。

ポメラでブログを書き始めて数日はファイル名を日付にしてたんですが(ATOKは「ひづけ」とか「きょう」って打つと今日の日付で変換されるので、楽ちんなのです)、前も書いたけど投稿時にEvernoteにも同じ文章が送られているので、別にポメラ内のログを増やさなくていいことに気づいた。
というわけで「近況報告の歌」というタイトルのファイルを作って昨日書いた分を削除して、今日の日記を上書きして、ファイルひとつですむ形になりました。
っていうかみんなそうやってんじゃないのもしかして…。

ところでポメラからメール投稿すると、はてなブログ更新しましたっておしらせがTwitterに自動では流せない。
スマホからポチッとすればいいんですが、その一手間がめんどくさいし、スマホ弄ったついでにネットサーフしちゃいそうだし、そもそもいちいち更新しましたとおしらせするような内容でもない…。
ので、メール投稿でもTwitter連携できるようになるまでは、当分ひっそりと人の訪れぬこの土地で独り言のように日記を更新しつづけてみようかと思います。
ほんとにHTMLで更新していた頃のような懐かしさだな。


今日頭痛でまた昼間身動き取れなかったので今から頑張ります。
ここのところすっかり昼夜逆転してしまって、なかなか体調がよくならない…夜は寝るようにしたいです。でも今日は朝まで起きてる。
また急に寒いけど風邪などひかないでおくれわたしの体よ。

引っ越し先が決まったぞ!

Twitterでさんざん愚痴ってたんですが、三年ほど前に引っ越してきた今のマンションで突然コーヒー屋が自家焙煎をはじめ、体調を崩していたこともあってほんとしんどくてですね。
その後さらに病状が悪化して手術入院になって、退院してからも焙煎の煙で燻され続け、たまらずクレームを入れても不動産屋は「たいしたことないと思って」と訴えを無視して連絡も寄越さず、直接コーヒー屋に訴えれば「換気扇回してるから煙いんじゃないですか?」などと言いながら脱臭剤を渡してくる頭のおかしさで、延々揉めて温和に話しているから嘗められているのだろうかと一回ぶち切れてみたらやっとやめてくれたという経緯があったんですが。
去年の秋からまた何の挨拶もなくしれっと焙煎を再開して、もう揉めるのも嫌だしと黙って引っ越しを決意して、ぼちぼち物件を探していたんですがなかなかこれというのが決まらず、最近やっと何件か内見して、どうにかここというところがみつかって、無事審査も終わって契約の運びとなりました。
おめでとう、おめでとうわたし…。

あまり引っ越しをしている場合でもないんですが、もう焙煎の臭いがトラウマレベルになっていて、ストレスで体調も崩れそうなので、ササッと越してしまおうと思います。
とはいえ今月は身動き取れないので、来月以降の話になるんですが。
いやあしかしこれで、臭くても、終わりがあると思って多少心穏やかに暮らせそうだよ。
全然関係ない店の焙煎の臭いを嗅いでもストレスを感じるようになってしまっていた。コーヒーのいいにおいと違って、焙煎の臭いって、野焼きの臭いなんだよ…。
引っ越した後はつぶれようが繁盛しようがどうでもいいので、わたしの知らないところで幸せになってくれコーヒー屋。
部屋はとても暮らしやすかったし大家さんもいい人だったし、何よりちょっと変わった作りの部屋にあわせて家具全般新調したのがすべて無駄になるのが残念ですが、このままストレス死するよりマシである。
引っ越し作業がんばろう。
そしてばりばり働いてまた家具をそろえよう…。

宣伝のためのウェブサイトは必要か?という話

十年くらい前に、すでにいろな人がHTMLサイトからブログに移行し始めて、最近ではブログからTwitterに移行していて、自分のサイトを自分で持ってる作家というのがかなり減った気がします。
わたしはこのブログの他に、仕事の告知などをするためにサイトを持っていますが*1、これがもう全然人来ない。新刊が出ました、という記事を書いてもアクセスはほとんどなく、訪れる人のほぼ百パーセントがTwitter経由です。(サイトの記事を更新ました、というお知らせをTwitterに投稿している)
Twitterのアクティビティを見ると、「ユーザーがTwitterでこのツイートを見た回数」に対して、「このツイート内のリンクをクリックした回数」は10%未満です。
考えてみると、自分がTwitterを利用する場合も、よほど興味のある記事でなければわざわざブログなどに飛んで見ないよなあと気づく。ブラウザが立ち上がるのが遅くてかったるいのだ…。

だから最近は、なるべくTwitterで詳細情報まで書くようにしていて、そうするとほんとサイトって必要ないなーと思う。
昔はブログは見づらい、サイトの方が便利って流れがあった気がするんですが、今は逆なんだなあ。
既刊情報はAmazonの方が詳しいし、書店特典なんかは出版社のサイトとかTwitterの方が親切な案内だし、もう作家本人がウェブサイトを持つ理由っていうのは消え失せているのかもしれない。

しかし単純に、わたしはサイトを弄るのが好きなので、当分独自ドメインとか持ったままだと思います。
せめてもうちょっとこう来てくれる人が「見てよかったな」と思えるようなコンテンツ作りができたらいいんですが。って小説家なので小説を載せるくらいしか思いつかないけど。
ほんとはメインコンテンツをウェブ小説にするつもりでおるのです。pixivに載せればいいんじゃない? みたいな内心のささやきを無視して頑張ります。

*1:WordpressなのでまあブログっていうかCMSなんですが